2016年06月29日

2016.06.29 巨人3-2中日

2回、桂とピッチャー・バルデスの連続タイムリーで中日が2点を先制。3回、巨人は實松の今季初ホームランで1点を返す。さらに5回、阿部のタイムリーで同点に追いつく。そして7回には押し出し四球によって巨人が勝ち越し。このリードを守りきった巨人が勝利、このカード1勝1敗とした。

先発の高木は5回2失点。7安打5四死球と荒れに荒れたが2点で抑えた、と見るべきか。まあ抑えたというよりは相手打線に助けられたって言った方が正しい気がする。それにしても最近収まったと思ったけどまた投手に打たれてしまったな。

中継ぎは5投手を使って無失点リレー。宮國とマシソンはランナーを出して危ないところまでいったが、今日はとにかく勝ちたかったので、過程はどうあれ抑えたから良し。

打線はどうにかこうにか3得点。今日は坂本が全打席出塁したのだが長野がブレーキになってしまってなかなか点が取れなかった。でもまあよく3点取ったと思う。

明日の先発は巨人が大竹、中日が若松。大竹は中日戦今季初先発。7試合に投げて6勝1敗という中日キラーっぷりを見せたのが一昨年。昨年は3試合に投げて1勝1敗だった。今日の高木(5回2失点)くらいには抑えてほしいところ。対する若松とは今季2度目の対戦。前回は7回2失点に抑えられ巨人は敗れている。しかし若松自身はここ5試合で1勝4敗とあまり勝てておらず、とくに直近2試合は5回持たずに降板している。広島を追いかけるためにも明日勝ってカード勝ち越しを決めたい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:23 | Comment(0) | 巨人〜2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: