2016年07月20日

2016.07.20 巨人6-2阪神

2回、ギャレットの内野ゴロの間に巨人が1点を先制。その裏、阪神は西岡のタイムリーで同点とするが、その際、西岡が足を負傷して交代となる。6回、村田のタイムリーで巨人が勝ち越し。さらにギャレットの3ランで阪神を突き放す。9回には中井のタイムリー3ベースでさらに1点を追加。その裏、阪神は狩野のホームランで1点を返すが、反撃はここまで。巨人が同一カード3連勝で貯金を2とした。

先発の田口は5回途中1失点。5回を投げ切れなかったが、まあよく1失点で済んだなというような内容だったし、代えられても仕方なかったかなと思う。また次頑張ってほしい。

中継ぎは4人の継投。田口から代わった田原はいきなり四球を出したときはどうなるかと思ったが、そこをダブルプレーで切り抜けると次のイニングも投げて勝ち投手に。心配なのは山口で、5点差となった9回に登板して1失点した。プレッシャーの少ない場面で投げさせて調子を取り戻してほしいっていう首脳陣の考えがあると思うんだけど、なかなか乗ってこれない。まだしばらくはこのポジションのままだろう。

打線は中盤に突き放した。今日は1番から4番がノーヒットで、出塁も坂本の2四球だけだったのだがよく6点も取ったと思う。ギャレットの一発は効果絶大だった。

今日は広島が敗れたため、ゲーム差が1つ縮まって9になった。1週間に1ゲームずつ縮めていけばギリギリ追いつける計算だが、それには相当頑張らないといけない。貯金をどんどん増やしていきたい。

明日は休みで、明後日からは横浜でDeNA戦。DeNAはヤクルトとの3連戦で勝ち越し。巨人と2.5ゲーム差の3位にいる。Aクラスを争うライバルであり、敵地ではあるができれば勝ち越したいところ。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:01 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: