2016年08月31日

「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」収録曲・歌唱メンバーまとめ

シングル発売時恒例の収録曲まとめ。今回はAKB史上初の両A面シングルになっている。

【今シングルの収録内容】
Type A
1.LOVE TRIP
2.しあわせを分けなさい
3.光と影の日々
4.伝説の魚
5〜8は1〜4のカラオケバージョン

Type B
1.LOVE TRIP
2.しあわせを分けなさい
3.光と影の日々
4.進化してねえじゃん
5〜8は1〜4のカラオケバージョン

Type C
1.LOVE TRIP
2.しあわせを分けなさい
3.光と影の日々
4.岸が見える海から
5〜8は1〜4のカラオケバージョン

Type D
1.LOVE TRIP
2.しあわせを分けなさい
3.光と影の日々
4.2016年のInvitation
5〜8は1〜4のカラオケバージョン

Type E
1.LOVE TRIP
2.しあわせを分けなさい
3.光と影の日々
4.光の中へ
5〜8は1〜4のカラオケバージョン

詳しい曲紹介は以下へ。

<全タイプ収録>「LOVE TRIP」作曲:春行 編曲:佐々木裕
歌唱メンバー(16名):指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀、宮脇咲良、須田亜香里、島崎遥香、兒玉遥、武藤十夢、横山由依、北原里英、向井地美音、岡田奈々、高橋朱里、小嶋陽菜



両A面の1曲目。歌番組で披露されるのはこっちが多く、今回のメイン曲といえるだろう。すでに放送が終了したドラマ『時をかける少女』のオープニングテーマだった。選抜メンバーは6月の総選挙で1位から16位になったメンバーで、センターは1位、指原莉乃。

時かけの主題歌、と聞いた時は爽やかな感じの曲が来るのかなと思っていたのでかなり予想を裏切られた。ここ数年総選挙選抜のシングルは「みんなで踊る」系の曲やプロモーションが続いていたが、ここで大きく変えてきた。というか、総選挙選抜に限らず今までのシングル曲ではあまりなかったタイプの曲だと思う。いわゆる王道ではないし、かといって「Beginner」や「UZA」のようにクールでもないし、いいバランスだと思う。作曲は春行さん。AKBではこれまでに「恋愛禁止条例」「I'm crying.」などを作曲しているが、シングル曲を担当するのは姉妹グループを含めても初となる。編曲は佐々木裕さん。多数の編曲を手掛けており、シングル曲では「唇にBe My Baby」以来の編曲。



<全タイプ収録>「しあわせを分けなさい」作曲:箭内道彦 編曲:野中“まさ”雄一
歌唱メンバー(16名):指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀、宮脇咲良、須田亜香里、島崎遥香、兒玉遥、武藤十夢、横山由依、北原里英、向井地美音、岡田奈々、高橋朱里、小嶋陽菜



両A面の2曲目。こちらは『ゼクシィ』のCMソングになっている。メンバーは「LOVE TRIP」と同じ。

「LOVE TRIP」がわりとアップテンポ、かっこいい系なのに対して、こっちはウェディングソングなのもあってスローテンポ。スローだとしっとりしすぎてると個人的にちょっと苦手なんだけど、この曲は明るさもあっていい。作曲は箭内道彦さん。有名なクリエイターでテレビにも多数出演している。AKBの曲を作曲するのは初めてだが、AKBとのかかわりは過去にあって、ゆきりんの写真集「ゆ、ゆ、ゆきりん…」のカメラマンをしている。ちなみにMVの監督も箭内さんが担当。編曲はおなじみの野中さん。最初にこの曲の情報が出たときは編曲は亀田誠治さんとなっていたのだが、亀田さんが担当したのはメンバーが決まる前にCMで流れていたデモバージョンの編曲とのこと。


<全タイプ収録>「光と影の日々」作曲:片桐周太郎 編曲:大塚郁
歌唱メンバー(16名):入山杏奈、柏木由紀、横山由依、渡辺麻友(以上AKB48)、北川綾巴、高柳明音、松井珠理奈(以上SKE48)、白間美瑠、矢倉楓子、山本彩(以上NMB48)、兒玉遥、指原莉乃、宮脇咲良(以上HKT48)、加藤美南、北原里英、高倉萌香(以上NGT48)



朝日放送公式チャンネルバージョン


今回の共通カップリング曲。この曲は今年の『熱闘甲子園』のテーマソングになっていた。歌唱メンバーは総選挙とは関係なく選ばれており、甲子園のテーマソングという性質からか、AKBからは4人、あとのグループからは3人ずつ均等に選ばれている。センターは横山由依と山本彩。

この曲もそれなりのタイアップがついていて、歌番組でも結構披露されているのにトリプルA面じゃないのは、おそらくメンバーが違うからだと思われる。とくに今回は総選挙シングルなので、総選挙の選抜じゃないメンバーがいる曲をシングルA面の曲にはできないという考えがあったのではないかと。ただA面じゃないからといって曲のクオリティが落ちるかというとそんなことはなく、むしろ個人的には今回のシングルで一番好きな曲だったりする。盛り上がる曲だけど目立ちすぎるわけではなく、「テーマソング」の役割を果たしているというか。作曲は片桐周太郎さん。AKBグループだと「履物と傘の物語」などの作曲を担当。編曲は大塚郁さん。AKBグループの作編曲は初めて、のはず。本人のツイッターによるとBGMをよく作っている方らしい。


<Type Aに収録>「伝説の魚」作曲・編曲:奥田もとい
歌唱メンバー(16名、アンダーガールズ名義):峯岸みなみ、入山杏奈、小嶋真子、高柳明音、込山榛香、大場美奈、朝長美桜、白間美瑠、沖田彩華、加藤玲奈、川本紗矢、矢吹奈子、古畑奈和、惣田紗莉渚、竹内彩姫、大島涼花



Type Aの4曲目はアンダーガールズの楽曲。総選挙で17位〜32位のメンバーが担当し、センターは17位の峯岸みなみ。

一言でいうと、なんかアンダーガールズっぽくない曲。アンダーガールズの曲っていうと王道のアイドルポップスのイメージが強いので、この曲のようなちょっとシリアスな感じは新鮮。今回はセンターがみいちゃんなので、今更王道をやっても…っていうのもあるのだろうか。作曲・編曲は奥田もといさん。過去には「自分らしさ」や「ノエルの夜」などを手掛けている。昨年の総選挙シングルでアップカミングガールズが歌っていた「君だけが秋めいていた」の作曲もしていた。


<Type Bに収録>「進化してねえじゃん」作曲:Akira Sunset 編曲:板垣祐介
歌唱メンバー(16名、ネクストガールズ名義):矢倉楓子、倉野尾成美、江籠裕奈、本村碧唯、木アゆりあ、佐々木優佳里、薮下柊、渕上舞、藤江れいな、冨吉明日香、田島芽瑠、須藤凜々花、田中美久、松岡菜摘、茂木忍、井上由莉耶



Type B4曲目は33位〜48位のネクストガールズの楽曲。センターは33位、矢倉楓子。

タイトルは今回のシングルの中でいちばんインパクトがある。そして「してねえじゃん」という言い方に合ってるようなノリのいい曲だ。作曲はAkira Sunsetさん。乃木坂のファンには非常に有名であろう作曲家で、乃木坂のシングル「気づいたら片想い」、「今、話したい誰かがいる」、「ハルジオンが咲く頃」をはじめ乃木坂に多数の曲を提供しているが、AKBの曲を作曲するのはこれが初めてとなる。ちなみについ先日入籍されたそうで、おめでとうございます。編曲はおなじみの板垣祐介さんで、前作収録の「考える人」に続く編曲。


<Type Cに収録>「岸が見える海から」作曲:福田貴史 編曲:若田部誠
歌唱メンバー(16名、フューチャーガールズ名義):二村春香、森保まどか、岩立沙穂、太田夢莉、神志那結衣、竹内舞、谷真理佳、渋谷凪咲、岡田彩花、植木南央、坂口理子、駒田京伽、西野未姫、大和田南那、酒井萌衣、北川綾巴



Type Cの4曲目は49位〜64位のフューチャーガールズの楽曲。センターは49位、二村春香。

これが個人的に思う「アンダーガールズっぽい曲」。王道のアイドルポップスといった感じ。「岸が見える海から」っていう曲なのにサビで畳の上で歌ってるのがちょっと面白い。海も岸も見えない…。作曲は福田貴史さん。SKEの「美しい稲妻」や「一歩目音頭」などを作曲。同じく作曲家で名前がよく似ている福田貴訓さん(「ハステとワステ」、「やさしくするよりキスをして」など作曲)とは関係はないらしい。編曲はおなじみの若田部誠さん。前作「翼はいらない」では作曲もしていたが今作では編曲のみ。


<Type Dに収録>「2016年のInvitation」作曲:高橋登也 編曲:野中“まさ”雄一
歌唱メンバー(16名、アップカミングガールズ名義):宮前杏実、岸野里香、熊崎晴香、木本花音、谷口めぐ、坂口渚沙、山内鈴蘭、秋吉優花、大森美優、鎌田菜月、佐藤すみれ、加藤美南、吉田朱里、宮崎美穂、日高優月、村重杏奈



Type Dの4曲目は65位〜80位のアップカミングガールズの楽曲。センターは65位の宮前杏実。

これも個人的には「アンダーガールズっぽい曲」なんだけど、曲調は「岸が見える海から」とは少し違う。南国っぽいというか、こんな言葉はないんだけど、トロピカル感がある。カラフルなMVに引っ張られているかもしれないが。作曲は高橋登也さん。AKBグループの作曲は初めてのはず。「ハイパー高橋」という名前でも活動している。編曲は今作2度目の野中さん。


<Type Eに収録>「光の中へ」作曲:阿立力也 編曲:佐々木裕
歌唱メンバー(3名、バイトAKBぱるる選抜名義):島崎遥香、繁藤冬佳、日出有香



Type Eの4曲目に収録されているのは、バイトAKBぱるる選抜による楽曲。『バイトル』とのタイアップで島崎遥香が選んだ2名と島崎遥香の3人で歌っている。センターは島崎遥香。なお、バイトAKBの2人は8月10日をもってすでに活動を終了している。

ちょっと電子的で、声も加工されているので、「なんちゃってPerfume」みたいな感じ。ちょうど3人だし。でもバキバキしてる感じではないので聞きやすいし、耳にも残る曲だと思う。作曲は阿立力也さん。過去には「Party is over」、「10クローネとパン」の作曲を担当している。編曲は「LOVE TRIP」に続いて佐々木裕さん。


このほか、劇場盤にはドラマ『CROW’S BLOOD』の挿入歌である「BLACK FLOWER」が収録。この曲の選抜メンバーは入山杏奈、横山由依、宮脇咲良、向井地美音、加藤玲奈、木アゆりあ、渡辺麻友、柏木由紀、松井珠理奈の9名となっている。

今回は「BLACK FLOWER」を含めると9曲あるが、ちゃんと曲調を1曲1曲変えているのは大したものだと思う。個人的には、やはり全タイプに入っている3曲がちょっと頭一つ抜けているかなという気はする。ちなみに今回の最多参加は「LOVE TRIP」、「しあわせを分けなさい」、「光と影の日々」、「BLACK FLOWER」の4曲に参加しているまゆゆ、ゆきりん、じゅりな、さくら、ゆいはんの5人。劇場盤では全曲に参加していることになる。

「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」は本日発売。


45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」通常盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type A」通常盤 - AKB48


45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type B」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type B」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type B」通常盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type B」通常盤 - AKB48


45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type C」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type C」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type C」通常盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type C」通常盤 - AKB48


45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type D」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type D」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type D」通常盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type D」通常盤 - AKB48


45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type E」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type E」初回限定盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type E」通常盤 - AKB48
45th Single「LOVE TRIP / しあわせを分けなさい Type E」通常盤 - AKB48

posted by K at 01:39 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: