2016年09月09日

2016.09.09 巨人5-2ヤクルト

初回、長野の初球先頭打者ホームランで巨人が先制。さらに村田の3ランも出て、いきなり4点を先制する。4回には亀井にもホームランが出て5-0とする。ヤクルトは6回、バレンティンのホームランで1点を返すと、9回にもバレンティンが2打席連続ホームランを打ち、3点差に。続く雄平も出塁したが、その後は澤村がなんとか抑え、巨人が勝利。巨人が4連勝とし、広島の優勝は明日以降へ持ち越しとなった。

先発の大竹は7回1失点。バレンティンのソロホームランによる1点のみに抑える好投を見せた。内海に続いてのナイスピッチングとなったが、内海が炎上すると大竹も炎上して、内海が好投すると大竹も好投するっていうこの謎の連動はなんなんだろうか。まあ今回みたいに良い方に出るなら全然問題ないけど。

打線は3ホームランで5点。初回に4点を取ったのが非常に大きかった。ただ、10安打7四死球でタイムリーなしというのはちょっと寂しい気がする。個人的にはギャレットとクルーズの打順は逆の方がいいような気がするがどうなんだろうか。

4連勝で、なんとか移動日優勝という超KYな展開は避けられた。しかし今度は目の前で胴上げを見せられるという可能性が高まった。これを避けるには明日からの2連戦を連勝するしかない。

ということで、明日からは東京ドームで、マジック「1」の広島と2連戦。マジック1なので、広島は勝てばもちろん、引き分けでも優勝が決まる。明日の先発は巨人がマイコラス、広島が黒田。巨人は中5日でマイコラスを持ってきた。日曜日は中4日で菅野と言われており、まあこの2人で負けるならしょうがないと思う。マイコラスは前回連勝が止まったが、安定感は昨年とさほど変わっていない。広島戦には2回投げて0勝0敗、防御率2.77。前回の対戦時は7回無失点に抑えたので期待したい。対する黒田とは今季5度目の対戦。ここまでは黒田から見て1勝3敗、防御率5.26と巨人は今季黒田を得意にしている。ただ優勝のかかった一戦で黒田が燃えないわけはなく、今までの対戦成績通りにいくと考えない方がよさそうだ。

posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: