2016年09月17日

2016.09.16 巨人6-4ヤクルト

初回、山田の内野ゴロの間にヤクルトが1点を先制。さらにバレンティンの内野ゴロの間にもう1点を追加する。しかしその裏、巨人は坂本のタイムリーで1点を返すと、さらに村田に3ランが出てこの回4点を取り、すぐに逆転する。2回には小林のソロホームランが出て巨人が1点を追加。5回には村田のタイムリーで1点を追加し、巨人が4点のリードを奪う。ヤクルトは9回、川端の2点タイムリーで2点差と迫りなおもチャンスが続いたが、ここをマシソンがなんとか踏ん張り、巨人が連敗を止めた。

先発の内海は8回2失点。1回にいきなり2点を取られ、最終的には9安打を打たれながらも粘りを見せた。なにより8回まで投げたというのが素晴らしい。先発が8回まで投げれば勝ちパターンの3人目も必要ないし。これで9勝目となり、2ケタ勝利にリーチをかけた。登板のチャンスは多くてあと2試合だと思うが、なんとか達成してほしい。

打線は村田が4打点の活躍。これで今季のホームランが20本に達した。あとは打率が3割に乗ればかなり見栄えも良くなるが、残り試合でブーストをかけられるか。

明日の先発は巨人が大竹、ヤクルトが杉浦。ここのところ、前の日に投げる内海と内容が連動している大竹。今日は内海が好投を見せたので、大竹にも期待したい。ヤクルト戦では2勝1敗、防御率1.45と相性はいい。対する杉浦とは今季4度目の対戦。先発としては3度目の対戦となる。ここまでは杉浦から見て0勝1敗、防御率6.48で巨人は杉浦を得意にしている。今日のように早めに打ち崩したい。

posted by K at 00:13 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: