2016年09月18日

2016.09.17 巨人2-5ヤクルト

4回、村田のタイムリーで巨人が1点を先制。さらに押し出し死球で1点を追加する。しかし直後の5回、山田の内野ゴロの間にヤクルトが1点を返す。さらに6回、西田のタイムリー、飯原のタイムリー、山田の2点タイムリーで計4点を取り、ヤクルトが一気に逆転。巨人はランナーを出すも得点できず、ヤクルトが逆転勝ちとなった。

先発の大竹は6回途中4失点。味方のエラーに等しい守備があったので同情できる点もあるが、なんとか勢いを止めてほしかった。現状の先発ローテだと5番手か6番手か。

打線はランナーを多く出しながら2点。攻撃もそうだが、今日に関しては守備も非常にまずかった。シーズン終盤にきて守備の乱れが目立っている。しかも最近はそれが失点、負けにつながるので非常にたちが悪い。攻撃は調子が上がるのを待つしかないが、守備は早急にどうにかしてほしい。

明日からは甲子園で阪神との3連戦。阪神との試合はこれが今季最後だが、甲子園ではいまだ負けなし。負けなしのままシーズンを終えられるか。明日の先発は巨人がマイコラス、阪神が岩貞。マイコラスは連敗中だが、阪神戦は今季1試合投げて7回1失点と好投している。好投して連勝していた時の調子に戻したい。対する岩貞とは今季3度目の対戦。過去2回は岩貞から見て1勝0敗、防御率0.56とほぼ完璧に抑えられている。しかも岩貞自身もここ2試合で8回1失点、完封と好調で、非常に厳しい相手となりそうだ。

posted by K at 00:44 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: