2016年10月10日

2017年夏に「STU48」が誕生へ

じゃんけん大会の終了後に特報が流れ、来年夏に、山口、広島、岡山、兵庫、愛媛、香川、徳島の瀬戸内地方7県を舞台にした新グループ「STU48」(瀬戸内48)が誕生すると発表された。

まさかの新グループ。しかもこれまでとは明らかに異なる。これまでのグループはSDNを除くと、AKB(東京)、SKE(名古屋)、NMB(大阪)、HKT(福岡)、NGT(新潟)と1つの都市を拠点としてきたが、今回は瀬戸内地方7県が舞台とされている。そして劇場は船上とのこと。いろいろとわからないことが多いが、なにより気になるのがどうやって活動していくのかということ。7県を舞台にした船上劇場っていうのでパッと思いついたのは、旅芸人みたいにメンバーが船で生活して、どこかの港に泊まって2週間ぐらいそこで公演して、また次の県に行く、みたいな感じなんだけど、そんなの学生は学校どうするんだってことになりそうだし、違うんだろうな。となると、基本的にはどこか1ヶ所(都市の大きさ的には広島か神戸)を拠点にして活動しつつ、休日は他の県に行って公演する、みたいな感じだろうか。劇場ごと出張公演するイメージ。

あと思ったのは、まあ近いよね、NMBとHKTと。四国はまだ新鮮な感じがするけど、兵庫や山口はもう隣の県だし。ファンの奪い合いになったりしないんだろうか。

NGT推しとしては、あのーNGTまだデビューしてないんですけど、というのが正直な気持ち。AKBグループの末っ子、という肩書を存分に活かせると思っていたのに、もう下のグループができるとは思わなかった。ただ、新潟からはだいぶ遠いところにできるので食い合いにはならないだろうというのと、NGTを参考にすればCDデビューするのは相当先だと思うので、それまでに人気を確固たるものにしてしまえばいいと思う。

現状どんなものかわからないのでネガティブなことも書いたが、船上劇場っていうのはものすごく面白そうに感じるし、楽しみではある。今後どうなっていくか注目。

タグ:AKB48 NGT48 STU48
posted by K at 23:42 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: