2016年10月13日

巨人・鈴木尚広が引退

巨人の鈴木尚広が引退を発表し、今日会見した。

本人の会見によると、技術や体力には問題ないが、心が離れていったとのこと。引退を決めたのはCS後で、今後は即コーチとはならないが、将来的には巨人の指導者を目指すとのこと。

このブログを始めるときに書いたが、巨人の野手で一番好きなのが鈴木なので、あまりに急な発表にショックを受けている。今年の盗塁成功率は100%だし、本人も言ってるようにやろうと思えばまだまだできるのは間違いないが、やろうと思えなくなってしまったということか。しかし、そうなると現役最後のプレーがあの牽制死になってしまうというのがどうも後味が悪いな。せめて最後は盗塁を決めて引退してほしかった。

あと、鈴木は引退したらそのまま守備走塁コーチになるものだとばかり思っていたのだが、一度現場を離れるとのこと。これも地味に痛い気がするな。足が速い選手は何人もいるが、鈴木の後継者はまだ育っていないので、鈴木自ら後継者を育ててほしかった。なるべく早く戻ってきてほしい。

鈴木は通算成績で見ると、正直それほどの成績ではない。200盗塁以上した選手の中での盗塁成功率1位という記録は達成したが、記録よりも記憶に残る選手というべきだろう。長年、走塁のスペシャリストとして活躍してきたが、とくに存在感を増したのはこの数年。昨年や一昨年は、鈴木の足で勝った試合が何試合もあったし、それがオールスター出場などにもつながったのだろう。鈴木を完璧に使いこなしていた原監督が退任したことで起用法が変わったのも、心境の変化につながったんじゃないかと思う。

正直、引退撤回してくれないかなとまだ思っているが、監督やGMが言っていたように本人が決めたのなら受け入れるしかない。本当にお疲れ様でした。そして今までありがとうございました。

posted by K at 23:33 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: