2016年11月29日

大和田南那が卒業を発表&最近の卒業発表を振り返る

本日の公演で、AKB48の大和田南那が卒業を発表した。

本人によると、グループの外に出て新しい自分を見つけたいと思い決断したとのこと。また、日程などはまだ決まっていないとのこと。

久々に卒業発表で衝撃を受けた。最近の卒業発表したメンバーは、もちろん驚かなかったわけではないけど、個人的にはそろそろかなとどこかで思っていたメンバーがほとんどだったが、なーにゃに関しては卒業は考えてなかった。個人的には川栄卒業レベルの衝撃。

書こうと思えばいろいろと書けるが、一言でまとめるならば「もったいない」以外にない。この卒業に関しても、これまでのなーにゃの歩んできた道を考えても。本当にもったいない。これからどうするのかはわからないが、どういう道でも個人的には応援したい。

ついでに、更新を抑えめにしていた先月から何人かが卒業発表しているので、ここでまとめて振り返る(AKBのみ)。

10月14日 小笠原茉由
10月9日にNMBでデビューして6周年を迎えた直後に発表。年内をもって活動終了の予定で、本人によると卒業後も芸能活動を続けたいとのこと。大組閣で姉妹グループから移籍してきたメンバーでは初の卒業発表となった。

11月10日 相笠萌
現在高校3年生で、高校卒業のタイミングで外に出ていろんなことを経験してみたいという理由で卒業発表。活動は来年3月いっぱいまでの予定で、握手会は3月12日が最後。卒業後も芸能活動は続けたいとのこと。13期生では高島祐利奈以来の卒業者となる。

11月14日 梅田綾乃
萌からわずか4日後、同じ13期生であるうめたんも卒業発表。萌と同じく高校卒業のタイミングで新しいスタートを切るためとのこと。また握手会も萌同様3月12日が最後となるが、卒業公演はまだ未定。卒業後は女優を目指すとのこと。


10月初めにぱるるが卒業発表したので、この2ヶ月で5人が卒業発表したことになる。年末、それから年度末というのは節目なので卒業者が多くなり、そこで卒業するために今、発表が相次いでいるということだろう。まだだれか発表する可能性もないとはいえないだろう。

そうなると気になるのが、チームの人数。現在卒業発表しているメンバーを除くと、各チームの人数は以下のようになる。(カッコ内は兼任メンバーを除いた数・研究生含む)

チームA 14人(11人)
チームK 18人(16人)
チームB 17人(15人)
チーム4 20人(17人)

兼任を含めれば一応チームA以外は16人を超えているが、兼任を除くとBは15人となり、さらにA以外には研究生を含んでいるため、兼任なしの正規メンバーのみだと、16人を超えているのはチーム4だけとなる。そしてチームAに関してはどうやっても人数が足りなくなる。先日16期生のオーディションを行って、それなりの人数が仮研究生として入った。おそらく劇場の11周年公演あたりでそこから研究生になった子はお披露目があるんじゃないかと思うが、その子たちが育って昇格するまでこのチームのまま待つ、っていうのは少し厳しそうな状況になってきた。まあすでにそのチームのメンバーだけでやる公演はほとんどない状態なので、今のままでもいいと言えばいいんだけど、組閣も覚悟はしておいた方が良さそうだ。

なーにゃはまだよくわからないが、ここ最近卒業発表したメンバーは芸能活動を続けると言っているメンバーが多いので、それは応援したいと思う。ぱるるとまーちゅんに関してはあと1ヶ月、活動を見守りたい。

posted by K at 23:57 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: