2017年01月04日

巨人の契約更改まとめ 2016-2017

契約自体は昨年のうちに終わったのに更新する時間がなくて年を越してしまったが、全員が無事契約更改を終えたのでまとめ。ただしここに挙げた選手が全員開幕時に巨人にいるかというとそうはならない可能性が高い。DeNAと日本ハムからFAの補償として人的補償が選択される可能性があるためである(そのおそれがあるので今日急いで更新した)。

アップ、キープ(増減なし)、ダウンの3つに分け、その中で来季の年俸順に並べる。ルーキー、FA入団の選手、外国人選手は除く。ちなみに年俸は日刊スポーツを参考にしている。単位は万円。

【アップ】
坂本  35000(+10000)
菅野  23000(+10000)
長野  22500(+5000)
澤村  15000(+5000)
田口  5000(+3200)
小林誠 5000(+2400)
田原誠 4500(+2700)
橋本到 2900(+300)
寺内  2800(+200)
宮國  2700(+800)
戸根  2500(+250)
今村  1600(+650)
重信  1400(+200)
山本  1280(+480)
辻   900(+190)
北   870(+100)
中川  840(+40)
平良  750(+150)
與那原 610(+10)
坂口  575(+75)
巽   550(+10)
長谷川 500(+80)
青山  320(+80)
篠原  310(+50)
田中貴 300(+50)
矢島  290(+50)
増田  290(+50)
成瀬  290(+30)
川相  290(+20)
大竹秀 265(+25)
橋本篤 245(+5)

【キープ】
山口  32000
吉川光 9500
杉内  5000
實松  3700
松本  2400
吉川大 1700
中井  1400
石川  1000
宇佐美 800
和田  780
河野  670
鬼屋敷 620
柿澤  550
高橋洸 510
田島  240

【ダウン】
阿部  26000(−6600)
村田  22000(−8000)
内海  20000(−20000)
西村  7800(−5200)
大竹寛 7000(−3000)
片岡  6000(−2600)
亀井  4900(−2000)
相川  4500(−1000)
高木  3700(−500)
立岡  2900(−700)
脇谷  2160(−240)
堂上  2000(−500)
桜井  1200(−300)
岡本  1200(−200)
江柄子 1100(−130)
藤村  1000(−125)
乾   950(−50)
土田  800(−200)
田中大 720(−80)
松崎  720(−80)


年俸トップは阿部に代わって坂本に。タイトルを取って守備も一流、妥当なところだろう。そのほか、同じくタイトルを取った菅野や澤村、成績はいまひとつだったものの規定打席到達を果たした小林らが大幅アップ。アップ率でみると、2ケタ勝利を達成した田口、1年間フル回転だった田原が100%以上のアップになった。

一方ダウン組では阿部、村田、内海といったレギュラー組もダウン。この3人は成績自体は前のシーズンから上昇しているのだが、村田と内海は複数年契約が切れ、その契約期間の総合的な評価で下がった。阿部に関しては元の評価が「捕手で強打者」ということによる評価だったので、「捕手」の面がなくなってしまった以上やむを得ない。3人とも昨シーズン(2016シーズン)の成績を続けられればまた年俸は上がると思う。

アップした選手はさらにアップするように、キープ、ダウンだった選手は次こそはアップするように頑張ってほしい。

タグ:巨人 野球
posted by K at 23:53 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: