2017年01月17日

平成29年初場所 10日目○正代

10日目 ○御嶽海(寄り倒し)正代●

立ち合いで激しくぶつかると、まずは正代が押し込む。正代がまわしを取りに来るのを御嶽海は防ぐ。続いて正代は御嶽海の腕を取りそのまま投げに来るが、御嶽海はもう一方の腕で正代のまわしを取ってこれをしのぐ。すると御嶽海が正代の後ろにつくような形に。正代はすぐに正面に向き直るが、ここで御嶽海がもろ差しに。正代は最後の投げに出るが、御嶽海がしっかりと寄り倒し。

攻防があって、非常に見ごたえがある相撲だった。御嶽海にとって正代は数少ない幕下・十両・幕内のすべてで対戦している相手で(他には大翔丸がいる)、それは言い換えれば一緒に番付を上がってきたライバルだということ。新十両、新入幕、新三役はいずれも御嶽海が一場所早く達成しているが、直接対決の成績では正代がリードしており、おそらくお互いに意識する相手なのは間違いない。幕下時代、もっと言うと学生時代から何度もやっている相手で取り口もわかっているからこそのあの激しい攻防だったんだと思う。そんな中で御嶽海が新しく得意の形にしたもろ差しからの寄りで勝負を決めたのが、御嶽海の成長の証ではないかと思う。正代との対戦は今後も楽しみだ。

これで7勝目、まずは最初の目標であった先場所越えを達成した。次はあと1勝に迫った勝ち越しを狙う。そしてもう少し先の話をすると、今場所は勝ち越しただけだと三役に上がれない可能性がある。西小結の栃ノ心の負け越しは決まっているが、東関脇の玉鷲と東小結の高安は白星先行、西関脇の正代も4勝6敗でまだ勝ち越しの可能性を残している。さらに、琴奨菊が大関から陥落する可能性も高いため、8勝だと小結に上がれない可能性がある。調べたところ、前頭筆頭で10勝して前頭に据え置かれた力士は過去にいないようなので、返り三役を目指すならば10勝したいところだ。

勝ち越しを目指す明日の相手は豪風。過去の対戦は2勝1敗で御嶽海がリードしているが、直近の対戦となる昨年の秋場所は叩き込みで豪風が勝利している。御嶽海にとっては今場所初めて番付が下の力士との対戦となるが、豪風もここまで7勝3敗と好調で来ている。豪風は立ち合いの変化とかはしてこないと思うので、まずは立ち合いで当たり負けないこと。そこから逆転を食らわないように落ち着いて攻めれば、明日勝ち越しを決めることもできるはずだ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:31 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: