2017年01月18日

平成29年初場所 11日目○豪風

11日目 ○御嶽海(引き落とし)豪風●

年齢が一回り以上違うこの取り組みは、勝った方が勝ち越しの一番。1度目の立ち合いは合わず、2度目の立ち合いに。豪風は当たると同時に叩きに来るが、御嶽海はこれを落ち着いて堪える。その後は突き押しを見せる御嶽海に対し、豪風は叩きやいなしでかわす。そして御嶽海がつかまえようとしたところで豪風が腕をつかんで倒そうとするが、御嶽海がその腕を抜いて引き落とし。御嶽海が幕内では自己最速タイとなる11日目での勝ち越しを決めた。

終始御嶽海が攻め込む形だったが、そんな中でも冷静に相手の出方を見極めていたと思う。最初の立ち合いが合わなかったのでお互いにどういう立ち合いを見せるか探り合いだったと思うが、いきなり叩きに来た豪風の立ち合いをしのいだことで一気に御嶽海のペースになった。その後も焦ることなく徐々に追い詰めていったのが良かったと思う。

これで勝ち越しを決めた。まずは一安心。個人的には今後は少し心を落ち着けて見られる。残り4日間は一つでも勝ち星を上積みして、返り三役と三賞受賞の可能性を高めたい。また、実は現時点で初土俵からの通算の勝ち星が98となっており、あと2勝で通算100勝に届く。場所前の時点で今場所10勝するというのは想像できなかったが、今はもう十分到達可能な数字。これもできれば今場所中に達成したい。

明日の相手は宝富士。過去の対戦は1勝1敗で、直近の対戦である昨年秋場所では御嶽海が寄り切りで勝っている。宝富士は今場所東筆頭と三役に最も近い位置にいるものの、ここまで4勝7敗。後がない状況になっている。御嶽海としては今日のように落ち着いて攻めていけばいいと思う。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 22:44 | Comment(2) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆

いや〜、強いですねー!御嶽海。
宝富士相手にあの相撲、とりますか。。
調子が良く、メキメキ伸びている最中の相撲は、毎日取っていても
本人も楽しいと思います。
談話か何かでも言っていたみたいですが、『やっと少しは上位人に通用するようになった』
のは見ていてわかりますね。
真正面からの力を相手に与える角度と低さが、素晴らしいですね。

まぢで、2020年オリンピック年に、長野県から横綱誕生の快挙を成し遂げてくれるんじゃないの?!
という、夢ぐらい持ってもいい気がしてしまし^o^

今場所は、(大相撲全体)いつになく面白い展開になってきました。

厳しいようですが、
落ちるべき人は落ちました。
これで良かったと思います。
悔しかったら
怪我や将来と真剣に向き合って
関脇からがむしゃらに10勝して戻ってきてほしいです。

それと、Kさんの文章力にいつも感銘しています。

あれだけのデータと記事を
ブログだけではもったいなくないですか!(*^_^*)
いつも、Kさんの記事を頷きながら読んで、その日の取り組みを反芻して、
次の取り組みを予習するのに使わせていただいてます♪

知っているのといないのとで、次の日の取り組みの見方に響きます、
いい記事すぎて。
Posted by tssj at 2017年01月19日 22:47
>tssjさん
コメントありがとうございます。
今日の御嶽海は本当に強さを感じました。あまりに調子が良すぎて逆に来場所が心配になってしまうくらいですが、来場所の心配は来場所前に改めてするとして、今場所はもうこの勢いのまま行ってほしいです。
今場所は読めないですね。稀勢の里か白鵬が優勝するというのが圧倒的に可能性は高いですが、ここまで荒れると関脇以下から優勝が出てもおかしくないと思います。
私は1年前の琴奨菊の優勝から新しい時代に入ったと思っているので、そこから1年で陥落となってしまったのは残念ですが、うまくはまれば稀勢の里戦のような相撲も取れるのですから来場所に期待します。もちろん今場所もまだ残っていますし白鵬戦もありますので、意地を見たいところですが。
残り3日間、私も良い記事を書けるよう頑張ります。
Posted by K at 2017年01月20日 01:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: