2017年01月19日

平成29年初場所 12日目○宝富士

12日目 ○御嶽海(押し出し)宝富士●

立ち合いで激しくぶつかった両者。御嶽海はいつも通り、下から相手を押していく。その威力は強烈で、宝富士に反撃を許さない。結局、相手に何もさせることなく押し出し。完勝で今場所の9勝目を挙げた。1場所内での5連勝は幕内では自己最長となる。

強い。それしか言うことがない。今日のように一気の押し出しは番付を駆け上がっていった十両時代あたりまでは割と見たが、宝富士は今日で負け越しが決まったとはいえ、御嶽海と同じ前頭筆頭の力士。同格の相手にここまで完勝するとは思わなかった。気持ちも相当乗っている。

これで9勝目。2つ差があるのであまり言われていないが、実はまだ優勝の可能性も残っている。現状1敗で稀勢の里がトップ、2敗で白鵬、貴ノ岩、逸ノ城が追いかけているが、気づけば3敗も高安、蒼国来、そして御嶽海の3人にまで絞られている。明日は1敗、2敗の直接対決はないので、3敗勢に一気にチャンスが広がる可能性もある。ここまで来たらとにかく1つ1つ勝っていって、優勝争いの感覚も味わいたいところだ。

明日の相手は蒼国来。先ほど書いたようにまだ3敗と優勝の可能性を残す力士で、番付は西前頭10枚目と低いが御嶽海と当たることになった。御嶽海としてはちょっと嫌な相手だろう。これまでに4度対戦しているが、1勝3敗(幕内では0勝3敗)と苦手にしており、しかもその1勝は御嶽海が立ち合いで変化して勝った一番なので、正攻法で勝ったことはまだない。ただ、最後に対戦したのは昨年名古屋場所で半年前。同じく苦手としていた正代にも勝ったように、成長を見せたい。とにかくまわしを取らせないことが大事だろう。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:50 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: