2017年03月17日

平成29年春場所 6日目●琴奨菊

6日目 ●御嶽海(寄り切り)琴奨菊○

立ち合いで激しくぶつかった両者。すぐに左四つの形になる。御嶽海は前に出ようとするものの、左四つは琴奨菊が得意とする形。体を活かした寄りに耐えきれず寄り切り。御嶽海は3勝3敗の五分となった。

立ち合いは決して悪くなかった。立ち遅れることなく踏み込めていたし、重い琴奨菊相手に互角の圧力を見せていたと思うが、そこから琴奨菊の得意な左四つになってしまった。御嶽海も以前から成長して、四つ相撲の力もついてきたとは思うが、それが相手の得意な形だとまだ厳しい。ましてや相手は先場所まで大関だった琴奨菊だし。

明日の相手は横綱・稀勢の里。過去の対戦は0勝3敗。どんどん善戦できるようにはなってきているが、まだ勝つまでには至っていない。稀勢の里は先場所悲願の初優勝を果たし、横綱に昇進。場所前は相当なプレッシャーがあるのではないかと言われていたが、ここまでは危なげなく6連勝。他の横綱が崩れていく中で横綱の役割を果たしている。現在、稀勢の里と同部屋の高安も6連勝としており、今場所は「田子ノ浦部屋の場所」になりつつある。高安には勝てなかった御嶽海だが、稀勢の里に勝って場所を面白くできるか。今日のように捕まってしまうと厳しいので、勝つには突き放すか、中に入って一気に行くかというところだろう。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○
28九 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○
29初 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○
タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:24 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: