2017年03月18日

平成29年春場所 7日目●稀勢の里

7日目 ●御嶽海(寄り切り)稀勢の里○

立ち合いで激しく当たった両者。御嶽海は右をおっつけながら稀勢の里を押し込むが、その中で稀勢の里に左下手を取られてしまう。その後、さらに右上手を取られて稀勢の里万全の体勢に。こうなってしまうともうどうしようもなく、巻き替えを試みるもその間に寄り切られ勝負あり。新横綱に初黒星をつけることはできなかった。

立ち合いから押し込むなど、見せ場もあったにはあったが、稀勢の里はまったくあわてなかった。攻め方は悪くなかったはずだが、そこから勝ちに持っていけるだけの力が足りなかったという感じだろうか。あとは、やっぱり稀勢の里が強い。今場所は新横綱の場所で大変なはずなのだが、ものすごく落ち着いている。以前の稀勢の里と違う。

明日の相手は大関・照ノ富士。今場所は豪栄道が休場となったため、この照ノ富士戦が今場所唯一の大関戦となる。過去の対戦は2勝2敗。ここのところは照ノ富士が連勝中。照ノ富士は先場所4勝11敗と負け越し、今場所はかど番だが、今場所は初日から好調。ここまで6勝1敗で、かど番脱出はもちろんのこと、久々に優勝争いの期待もかかっている。相手の調子は良いが、御嶽海もここ2日立ち合いが良くなってきている。明日勝って、五分で後半戦に行きたい。

過去の対戦
28名 ○御嶽海(押し出し)照ノ富士●
28秋 ○御嶽海(外掛け)照ノ富士●
28九 ●御嶽海(寄り切り)照ノ富士○
29初 ●御嶽海(押し出し)照ノ富士○

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:57 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: