2017年03月21日

平成29年春場所 10日目○勢

10日目 ○御嶽海(送り出し)勢●

立ち合い、御嶽海は左に動くと、勢のまわしをがっちりと掴む。そこから勢に向き直るスキを与えることなく体を寄せ、そのまま送り出し。意表を突く相撲で、星を五分に戻した。

対勢は2連勝中で、今場所の勢はすでに負け越しも決まっている。そんな中での一番だったので、普通の立ち合いでも御嶽海有利だったと思うし、ほんとは立ち合いでしっかり当たって勝つのが良いんだけど、まあ最近はこういう立ち合い変化もしてなかったし、自分のやりたい相撲をやって勝ったというのは良いんじゃないかと思う。どうせなら明日(横綱戦)やったほうが良かったような気もしないでもないが、本人もちゃんと考えているのだろう。親方には怒られる気がするけど。それにしても毎回言ってるけど御嶽海は変化が上手い。御嶽海の二番後で貴ノ岩が高安相手に変化しても勝てなかったように、変化したからといって勝てるわけではないのだが、御嶽海はちょくちょくやっているのに、これまで変化した一番は完璧に勝っている。やるタイミングが良いんだろうな。今日もたぶん誰もやるとは思わなかったし。

中盤戦が終わって5勝5敗。中日は3勝5敗だったが、連勝で五分に戻した。これで勝ち越しも見えてきた。残りの相手は、番付の上から当たるとすれば日馬富士、豪風、蒼国来、貴ノ岩、宝富士。三役以上はあと日馬富士だけで、あとの4人のうち宝富士以外は黒星が先行している。蒼国来は御嶽海が苦手にしている相手だが、この5人と当たるならば勝ち越しは十分狙えると思う。個人的には「御嶽海が勝ち越す確率≒琴奨菊が大関復帰する確率」だと思っている。まだ安心はできないが希望が見えてきている感じ。

明日の相手は横綱・日馬富士。明日が今場所最後の横綱戦となる。過去の対戦は1勝2敗で、先場所御嶽海が初勝利。記念すべき初金星の相手となっている。日馬富士は先場所途中休場。今場所は復帰したが、すでに3敗と好調とは言えない。御嶽海は、まずまわしを与えないこと。先場所は勝ったが、過去3度の対戦はいずれも当たってすぐに上手を取られている。立ち合いをしのぎ切れば、御嶽海にも勝機はあると思う。

過去の対戦
28名 ●御嶽海(寄り切り)日馬富士○
28九 ●御嶽海(寄り切り)日馬富士○
29初 ○御嶽海(寄り切り)日馬富士●

春場所全体を見てみると、全勝は横綱・稀勢の里と関脇・高安の田子ノ浦部屋の2人。1敗で大関・照ノ富士と平幕の栃煌山が追いかけている。2敗はおらず、鶴竜、日馬富士の両横綱などが3敗にいるが、現時点で3敗だとまあ優勝は絶望的だろう。とにかく田子ノ浦連合が強い。特に高安が絶好調で、今日は立ち合いの変化にも素早く対応した。同部屋の場合優勝決定戦以外では対戦しないので、全勝同士の同部屋の優勝決定戦というのもあながち無くはないというレベルになってきている。両横綱と照ノ富士がこの勢いを止められるか、残り5日間注目だ。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: