2017年03月31日

水澤彩佳 劇場最終公演日のまとめ

ちょっと時間が経ってしまったが、3月25日に行われた「水澤彩佳卒業公演」と、その日の昼に行われたみーずん最後の「パジャマドライブ」公演のまとめ。


昼「パジャマドライブ」公演のトピック
・「天使のしっぽ」にみーずん、がたねぇ、もふちゃんが乱入しのっとる
・みーずんセンターで「Maxとき315号」
・最後の挨拶前に「天使のしっぽ」と同じメンバーで「ハート型ウイルス」を披露

まず昼公演。クリスマス公演でやった平均年齢20歳オーバーの「天使のしっぽ」を同じメンバーで披露。今回はいつものメンバー(あんじゅ、りったん、アヤカニ)がやっているところに乱入し、のっとる形で披露された。ファンも即座にコールをみーずんたちに変える瞬発力の高さを見せた。さらにこのメンバーは最後の挨拶前にも登場し、「ハート型ウイルス」を披露した。主役は当然みーずんなんだけど、みーずんは割と似合うので、やっぱりもふちゃんの破壊力がすごい。普通にツインテールしてるだけなのに面白い自称正統派。なんであんな面白いんだろう。


夜「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り公演 水澤彩佳卒業公演」のトピック
・アンコール「LOVE修行」の後に「下の名で呼べたのは…」を披露
・みーずん、あいにゃー、れいにゃーで「ハート型ウイルス」を披露
・研究生メンバーから似顔絵&メッセージのプレゼント
・北原キャプテンからのお手紙
・最後はみーずんセンターの「Maxとき315号」

ネタ満載だった昼公演に対して、夜公演は卒業公演。本編は通常通りの「ガルベストン」公演で進行したが、アンコール後から卒業仕様に。まずは「青春時計」のカップリング、最初で最後の研究生10人による楽曲「下の名で呼べたのは…」を披露。研究生に合った歌詞でとても良い曲だった。MVがないのがもったいない。そして昼公演でも披露した「ハート型ウイルス」を、今度は仲良しのにゃーにゃーコンビと披露。ちなみに「ハート型ウイルス」にしたのは、アイドル卒業前にアイドルっぽい曲をやりたかったかららしい。

きたりえからの手紙にも「みーずんは先輩」という言葉があったが、みーずんはNGTでは最初の卒業生で、それはつまり、きたりえやゆきりんでさえもしたことのない決断をしたことになる。悩んだかもしれないが、みーずん自身が決めた道はきっと正しいと信じている。

NGTにとって初めての卒業公演だったが、これをゆきりんと、体調不良だったひなたんを除く全員でできてよかった。ひなたんは残念だったがDMMで見ていたらしいし、気持ちはちゃんと劇場に届いていただろう。NGTらしい、温かい卒業公演だった。

公式ツイッターのレポ

















なお、卒業公演の翌日にはみーずんの最後の握手会も行われた。






このツイッターにメディア露出はまだある、と書いてあるように、雑誌「BIG ONE GIRLS」では研究生の特集があり、『AKB48 SHOW!』で歌の収録もあったようなので、メディアでみーずんを見る機会はまだありそうだ。

また、みーずんの今後の活動については公式サイトで書かれている。
http://ngt48.jp/news/69751

これは24日のお知らせなのですでに終わっているものもある。ファンレターの受付などはまだやっているほか、フォトログも更新は今日までだが、閲覧は来月末までできるのでお忘れなく。卒業公演もDMMで4月24日の22:59まで見られる。


最後に、みーずん、NGTの活動お疲れ様でした。今までありがとう。そして、卒業おめでとう。素敵な保育士さんになってください。

posted by K at 14:40 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: