2017年04月08日

2017.04.07 巨人5-3阪神

初回、マギーのタイムリーで巨人が先制。さらに岡本の2点タイムリーも出て、いきなり3点を先制する。2回には中井の4年ぶりとなるホームランで1点を追加。阪神は5回、ダブルプレーの間に1点を返すと、6回には福留のタイムリーと巨人の先発・マイコラスのワイルドピッチで2点を返し、1点差とする。しかし巨人は直後の7回、代打亀井の犠牲フライで1点を追加し、再び2点差に。このリードを守り切った巨人が、今年最初の巨人-阪神戦を制した。

先発のマイコラスは7回3失点。10安打を浴び、調子は良くなかったと思われるが、ダブルプレー3つなどで切り抜け、序盤のリードを守り切った。悪いなりに試合を作れるから勝てるんだろうな。

打線は序盤に突き放した。今日打点を挙げたメンバーは活躍してほしいメンバーばかりだった。先制点のマギーは絶好調の阿部の次にいるので、阿部を避けてマギー勝負という場面も増える。マギーの調子が良ければ阿部と勝負する場面も増えるのでマギーの調子は重要。今のところは良さそうだ。岡本と中井は今季開幕からチャンスをもらっている2人。2人とも守備が不安な分打撃で貢献したいところで、今日は見事活躍を見せた。中井はもう若手でもないけど、生え抜きには頑張ってほしいと思う。亀井は代打の切り札として機能。今日は1点差に迫られて追加点が欲しい場面できっちり犠牲フライを打った。本人はもちろんスタメンを狙っているだろうが、亀井が代打にいるという安心感もなかなか捨てがたい。個人的には、勝ってるうちは今のスタメンのままでもいいかなと思う。

明日の先発は巨人が田口、阪神が青柳。前回は5回2失点で勝ち負けが付かなかった田口、今季初勝利を狙う。田口は昨年、阪神キラーともいえる活躍を見せた。6試合に投げて5勝0敗、防御率1.67。甲子園では4試合で3勝0敗、防御率1.37とさらに得意にしている。自信を持って臨んでほしい。対する青柳は今季初登板。昨年はドラフト5位ルーキーながら13試合に登板し、4勝5敗の成績を残した。巨人戦は昨年4試合に登板し1勝3敗だったが、防御率は2.10と抑えている。今日のように序盤から打って田口を援護したい。

タグ:阪神 野球 巨人
posted by K at 00:13 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: