2017年04月11日

2017.04.11 巨人6-9広島

3回、広島の守備にミスが出て巨人が1点を先制。5回には中井の2ランで2点を追加し、巨人が3点をリードする。しかし直後の6回、広島は巨人のフィルダースチョイスで1点を返すと、そこから小窪の2点タイムリー3ベースで同点。菊池のタイムリーで勝ち越し、さらに鈴木の2点タイムリーも出て、この回一挙6点、逆転に成功する。しかし巨人はその裏、マギー、亀井、重信の3者連続タイムリーが出てすかさず同点とする。7回、小窪のタイムリーで広島が再度勝ち越し。さらに菊池がこの日5本目の安打となる2ランを打ち、再び3点差に。このリードを守った広島が勝利、8連勝とした。

先発の菅野は6回途中5失点。一時は3点のリードをもらったが守り切れなかった。まあ守備がちょっと足を引っ張ったところもあるけど、自分で四球も2つ出しているので仕方ない。5回までは抑えていたけど球数が多く、その辺が6回捕まった原因でもあるのかなと思う。それでも負けが付かなかったのは良かった。

2試合続けて森福に負けが付く結果となった。今日は1イニング目で3失点したので森福が悪いけど、その森福を2イニング目も投げさせなければいけなかった中継ぎの編成は考えた方がいいかもしれない。今日は菅野が6回途中まで投げたけど、たとえば2回くらいで先発が降りた時はどうやって9回までいくのだろうか。ロングリリーフができるピッチャーもいた方が良さそうだと今日の試合で感じた。

打線は6点と結果は出した。坂本、阿部以外で打点を挙げたというのは収穫だと思う。重信と岡本がレフトのポジションを争っているが、ここまでは重信がリードしている感じ。一方で深刻なのが長野で、今日は2打席連続のダブルプレーの上に守備で頭を打つなど散々だった。さすがにスタメンからは外した方がいいんじゃないだろうか。亀井を残しておきたいなら重信と岡本両方スタメンとかでもいいと思うし。

広島は強いが、今日はバント失敗なども含めて巨人にミスが目立った。こういうミスを減らしていかないとまた広島に独走されてしまう。まずは広島の連勝を止めたい。

明日の先発は巨人が内海、広島が床田。内海は前回7回1失点と好投。連勝を狙う。昨年の広島戦は2試合に投げて0勝2敗、防御率11.05と散々。ただこれは2試合ともマツダスタジアムでの試合なので、東京ドームなら変わるかもしれない。今日の試合で勢いが加速していないことを祈る。対する床田はドラフト3位ルーキー。開幕ローテーションに入り、プロ初登板は7回途中3失点で勝ち負け付かずだった。プロ初勝利を献上することに定評がある巨人なので不安だが、今日は打つ方は打ったので勢いがついていることに期待したい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 23:32 | Comment(0) | 巨人2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: