2017年04月13日

2017.04.12 巨人5-9広島

初回、阿部の2ランで巨人が先制。しかし2回、広島は新井とエルドレッド、2本のホームランですぐさま同点に。さらに3回には再び新井が3ラン、エルドレッドも2打席連続ホームランを打ち、4点を追加。5回にもエルドレッドのタイムリーが出て、巨人を突き放す。巨人はその裏、代打・村田の3ランで2点差とするが、8回、代打・堂林の2点タイムリーで広島がダメ押し。勢いの止まらない広島が9連勝とした。

先発の内海は3回6失点。4本もホームランを浴びた。さすがに打たれすぎかな。どうも昨年から広島アレルギーは治っていないようだ。

内海が3回で降板したため、4回からは1軍昇格した宮國が今季初登板。宮國は今季2軍で先発として調整していたので、いきなりリリーフに配置転換されて即登板というのはかわいそうではあるが、昨日言ったロングリリーフができるピッチャーが中継ぎで待機しているというのはやはり心強い。まさかいきなりその機会が来るとは思わなかったが。あと中継ぎではルーキーの池田が頑張っている。ここまで4試合に登板し無失点。しかもここまでノーヒットに抑えている。同じルーキーの谷岡が少し苦しんでいる中ですごい。

打線は2ホームランで5点。今日の6安打のうち5安打が点に絡んでいるので効率は良いが、それ以外の場面で打てず、相手先発のルーキー床田に初勝利を献上した。5点取ったのに7回まで投げられてるからなあ。

この2試合投手陣が炎上。この流れは良くない。明日は勝つのがまず一番だが、広島打線を止めたい。先発は巨人が吉川、広島が大瀬良。前回6回2失点でまずまずのデビューを果たした吉川が巨人での初勝利を狙う。なんにしても強力な打線を抑えられるかに尽きる。なんとか3点までに抑えてほしい。対する大瀬良は前回の登板で6回無失点の好投を見せたが勝ち負け付かず。チームの10連勝と今季初勝利を狙う。ここ2年は中継ぎでの登板が多く、先発の大瀬良とやるのは久しぶりだが、打線のつながりを見せて3タテを防ぎたい。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 00:18 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: