2017年04月14日

2017.04.13 巨人5-11広島

初回、新井のタイムリーで広島が先制。さらに鈴木、エルドレッド、小窪と4者連続タイムリーによっていきなり4点を先制する。しかしその裏、巨人は阿部のタイムリーとマギーの今季第1号2ランによって3点を返し、1点差とする。巨人は3回にはマギーのタイムリーで同点とし、5回には阿部のタイムリーで勝ち越す。試合は巨人1点リードのまま9回へ。しかし、広島はまず松山のホームランで同点とすると、丸の2点タイムリーで勝ち越し。さらに安部のタイムリー、そして石原の3ランでダメ押し。9回に一挙7点を取った広島が逆転勝ちでついに10連勝とした。

先発の吉川は2回途中4失点。初回の4失点で試合を壊しかけたが、裏に味方が3点取り、2番手の高木がしっかり抑えたのでなんとかなった。ただ、昨日6失点した内海が二軍落ちしたことを考えると吉川も二軍かなあ。二軍も調子良さそうな先発何人かいるし。

そして連敗を止められそうだったのに9回にとんでもない展開に。最初の松山のホームランも良くないけど、そのあとの四球と、なによりバント処理のミスが致命的だった。あれさえなければ負けたにしてもここまでの点差はつかなかっただろう。ただまだカミネロを外すわけにもいかないので、とにかく切り替えてもらわないと。

そんな中頑張ったのが高木勇。大乱調の吉川の後を受けて2回途中からマウンドに上がったが、7回までノーヒットに抑える素晴らしいピッチングを見せた。今日勝っていたら間違いなくヒーローだったので非常に残念だが、でもこれで吉川の代わりにローテーションに入れるのではないだろうか。それくらい見事だった。

打線は一時は勝ち越した。マギーにも初ホームランが出て、クリーンナップは今のところよく機能しているが、そこだけなのがきつい。中井、立岡は1,2番としては出塁率が物足りないし、6番以降はさらに絶望的。4連敗なのだから、もうクリーンナップ以外はガラッと変えてみたらどうだろうか。石川をスタメンに入れてみるとか。

明日からはナゴヤドームで中日との3連戦。巨人はまだヤクルトとやってないのだが、その前に再び開幕で当たった中日との対戦となった。明日の先発は巨人がマイコラス、中日が大野。開幕戦と同じ顔合わせで、このときはマイコラスが7回2失点(自責1)、大野が6回6失点で巨人が勝利した。このときは東京ドームで明日はナゴヤドームなのでまた違うと思うが、マイコラスはいつも通り投げてくれればいい。打線は広島との3連戦でも点は取れているので、クリーンナップ以外が機能するかどうかだろう。

タグ:広島 野球 巨人
posted by K at 00:29 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: