2017年04月15日

2017.04.14 巨人2-3中日

巨人・マイコラス、中日・大野の両先発の好投により、試合は6回まで0-0が続く。7回、巨人のエラーにより中日が先制。さらに大島のタイムリーでこの回2点を挙げる。しかし直後の8回、そのエラーをした中井がタイムリーを打って1点を返し、さらに坂本の犠牲フライで同点とする。試合はそのまま延長戦へ。このまま引き分けかと思われた12回裏、中日がゲレーロのタイムリーでサヨナラ勝ち。巨人は5連敗となった。

先発のマイコラスは7回2失点(自責0)。味方のエラーによって2点を取られたが、広島戦の投壊の流れを止める好投を見せてくれた。勝ちはつかなかったが負けもつかなくて良かった。

その後はマシソン、カミネロがそれぞれ2イニング無失点でつないだが、最後の宮國が捕まった。あっさりと2アウトは取ったのに、まさかそこから打たれるとは…。ただ3連打でのサヨナラで、四死球やエラーによる自滅でないだけまだストレスは少ないけど。

打線は開幕戦で攻略した大野を打てず。7回まではわずか2安打だった。それにしても、頑なに打順を変えないな。岡本と重信の併用以外は開幕以来1度も変わっていない。勝ってるときはわかるけど、今は負けているんだから変えればいいのに。中井が割と打点を挙げているので6番あたりに置きたいけど、そうすると1番を打てる人がいないのか(中井も1番としては物足りないけど)。困ったなあ。

開幕から5連勝したのがはるか昔に感じる。5連敗で貯金がなくなってしまった。とにかくここで止めたい。5割は維持したい。

明日の先発は巨人が田口、中日が若松。田口は先週の阪神戦に先発したが、雨でノーゲームとなったため2イニングしか投げていない。なので休養は十分だと思われる。前回の中日戦では5回2失点で勝ち負けつかず。中継ぎが不安なので、自分で長いイニングを投げてほしい。対する若松とは今季初対戦。若松は4月4日の広島戦に先発したものの、3回3失点で降板。しかし、そこから中3日で8日のDeNA戦に先発し、8回を投げ切った。そのDeNA戦からは中6日での登板となる。若松は巨人戦は昨年3試合に登板し、2勝1敗、防御率2.74。シーズンの防御率が4.06なので抑えられている。誰でもいい、現状を打破する存在に出てきてほしい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:54 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: