2017年04月15日

今週AKBであった主な出来事まとめ

今週はNGT48のデビュー週だったので、そっちに集中していて触れられなかったのだが、AKB48でもいろんな動きがあったので、主な出来事3つをまとめ。

・武藤十夢が選抜総選挙を辞退
まずはこれ。十夢は1度立候補をしているが、これを辞退した。立候補後に卒業発表したメンバー以外が、1度立候補したものを取り消すというのはたぶん初めてで、それが受理されたのも含めて驚いた。立候補した時点で相当悩んでいたようだが、気が変わったのかなんなのか。この1年をスキルアップする年にして、今後もっとAKBに貢献できるように、とツイッターでも言っているので、総選挙辞退したからすぐ卒業するかというとそうでもないような感じだが、これにしたって気が変わる可能性もあるから、しばらく様子見ではないだろうか。

十夢の辞退が総選挙に与える影響は大きい。昨年総選挙10位の十夢が辞退したことによって、昨年の選抜16人のうち6人が不参加ということになった。選抜入りを狙うメンバーにとってはラッキーということになる。単純に昨年の順位を繰り上げると、昨年23位の美桜までが選抜に入れることになるが(18位のあんにんも不参加のため)、この辺はかなりの接戦。選抜争いは大激戦となりそう。そしてもう1つの注目が、十夢の妹の小麟。昨年58624票を獲得している十夢の票がどこに行くかというのが焦点で、どこにも行かないとか、12期に流れるという可能性もあるけど、妹に行くという可能性も十分あるし、これだけの票が一部でも流れると、初総選挙にしていきなりランクインという可能性も出てくる。そもそも十夢も総選挙で注目されたメンバーだし、小麟は要注目だ。


・木アゆりあが卒業を発表
十夢の総選挙辞退から数時間後、オールナイトニッポンでゆりあが卒業発表。理由としては、アイドル活動はお腹一杯やったし、これからやっていきたい演技の仕事に対して考えていきたいからとのこと。また、卒業については年内としか決まっていないとのこと。

ゆりあについては総選挙も出なかったのであるかもしれないと思っていた。キャリアや年齢を考えても、本人が言ったようにアイドルとしてはやりきったんだろう。ゆりあならたぶんどこかの事務所に入れると思うし、女優の経験もあるので前向きな卒業だと思う。

ただ、これでチームBはキャプテンと副キャプテンが両方卒業ということになった。そもそも人数が少ないうえにキャプテン副キャプテン卒業ということで、ほんとにどうするんだろうか。まだ16期は上げられる状態ではない気がするし、チーム8とかから兼任を増やすのか、それとも組閣するのか。組閣しないならキャプテンを誰にするのか。ゆりあの卒業はもう少し先っぽいが、決めなきゃいけないことは多い。


・伊豆田莉奈がBNK48へ移籍
こちらは公演で発表。BNKはタイのグループで、JKTに移籍したはるごんやちかりなと同じ完全移籍となる。本人によると、この1,2年くらい平凡に続けているような気がして、新しいことをやってみたいと思い決めたとのこと。

前にBNKに移籍するメンバーがいるっていうのをどこかで見たんだけど、それがいずりなっていうのはなんだか納得。いずりなならスキルがあるのでBNKのメンバーの指導役としてもいいし、コミュ力もあるのでなじめると思う。はるごんほどの成功者になれるかはグループの成功次第だけど、グループではうまくやっていけるんじゃないだろうか。

むしろ心配なのはいずりなが抜けたAKBの方で、いずりなは先輩からも後輩からも愛される唯一無二の存在だった。いずりなと同じように劇場を主戦場とするメンバーはゆいりーを筆頭に何人もいるので、公演の方は大丈夫だと思うが、ムードメーカーがいなくなってどうなるか。


十夢は総選挙の辞退だけだが、ゆりあは卒業、いずりなも移籍なのでまたAKBの人数は減ることになる。卒業発表のペースがなかなか落ちないな。これ以上減ると、16期が昇格しても4チーム制(8を入れて5チーム)を維持するのがギリギリになる。17期を募集するのか、それとも3チームに再編するのか、もしくはこのままいくのか、運営がどうするかも注目だ。

posted by K at 15:11 | Comment(0) | AKB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: