2017年04月15日

2017.04.15 巨人6-2中日

初回、マギーのタイムリーで巨人が先制。3回、藤井の2点タイムリーで中日が逆転する。6回、巨人はふたたびマギーのタイムリーで同点とすると、中日・若松のワイルドピッチによって勝ち越し。さらに石川の移籍後初打点となるタイムリーで1点を追加し2点差に。7回には坂本、阿部の連続タイムリーでさらに2点を追加。このリードを守った巨人が連敗ストップ。ふたたび貯金を1とした。

先発の田口は5回2失点。5回までに111球を投げ、被安打5、与四球6とかなり調子は悪かったようだが、それでも2失点に抑え、今季初勝利を手にした。悪いなりに抑えられるのが田口のすごいところ。

ここ数試合は中継ぎに不安を抱えていたが、今日は無失点リレー。昨日打たれた宮國や、すでに2敗している森福に投げさせて抑えられたのは非常にいい結果だった。これでまた立ち直ってくれるはず。

打線はついに入れ替え。不振の長野を外し、6番に亀井。また岡本と重信の併用が続いていた7番レフトには石川を入れた。結果、亀井はノーヒットだったが、石川は貴重なタイムリーを打った。替えて結果が出たのは良かった。あとは7回の攻撃も良かった。1番、2番が出て3番、4番が返すという理想的な攻撃が見られた。

やっと連敗が止まった。またここから流れを作っていきたい。明日の先発は巨人が大竹、中日が吉見。4月2日と同じ顔合わせで、このときは大竹が6回3失点、吉見が6回6失点。大竹は2勝目を狙う。一方の吉見は2日の試合を含めて2連敗中で、今季初勝利を狙う。打線が前回の対戦時同様に打てるか。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: