2017年04月17日

2017.04.16 巨人2-0中日

巨人・大竹、中日・吉見、両先発の好投により、6回まで0-0が続く。7回、阿部のタイムリーで巨人がついに先制。その後は両チームともチャンスを作るが、9回、代打亀井のタイムリーで追加点を挙げた巨人が逃げ切って勝利。巨人がカード勝ち越しを決めた。

先発の大竹は7回途中無失点。序盤から素晴らしいピッチングを見せた。大竹は3年前に中日戦6勝1敗と中日キラーぶりを見せていたが、今日はそのときの大竹が戻ってきたかのような投球だった。

大竹は良かったが、その後は無失点に抑えたものの7つのアウトを4人がかりで取るというギリギリの継投を見せた。ただ今日は継投のタイミングがどうだったんだろうという気はする。1点差だったから攻めの継投にしたのかなという気はするが、個人的には7回は大竹に任せても良かったと思う。まあ、結局無失点で抑えたから間違ってはなかったんだけど、ヒヤヒヤした。

打線は吉見に大苦戦したが、3,4番で1点を取った。7回に初めてランナーがいる場面で阿部に回り、そのワンチャンスで見事得点。本当に頼りになる。マギーもいいし、中井の調子が上がってきたのも明るい材料。あとは小林が心配。WBCで打ちすぎた反動なのか、打率が1割を大きく下回っている。いくら守備面で代えがきかないとは言っても、さすがにこの打率は厳しい。まだ打数も少ないから、ヒットが出始めたらすぐに打率は上がるけど、なんとかバッティングの方も頑張ってほしい。

不安な点はあるが、なんとか勝ち越して5連敗の嫌な流れを止めた。クリーンナップの調子は相変わらずいいので、その前後に調子を上げていってもらいたい。

火曜日からはヤクルトとの2連戦。巨人の主催試合だが、東京ドームではなく、熊本と鹿児島で行われる。昨年もこの時期熊本と鹿児島での試合が予定されていたが、昨年は直前に起きた熊本地震によって中止となっていた。1年経って、改めて熊本で試合をするというのはとっても良いことだと思う。熊本での試合はおそらく菅野が先発。なんとしても勝ちたいところだ。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 00:25 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: