2017年04月19日

2017.04.19 巨人1-0ヤクルト

初回、阿部の犠牲フライで巨人が先制。しかし、巨人の先発・高木にアクシデントが。2回、バントを試みた際に投球を指に当ててしまう。高木はこれで降板し、代わりに上がったのはつい先日支配下登録されたばかりの篠原。篠原はランナーを出しつつもなんとか抑え、3イニングを無失点で切り抜ける。その後は池田、マシソン、森福、カミネロが無失点リレーで抑えゲームセット。巨人が3戦連続の完封勝ちで4連勝とした。

先発の高木は2回無失点。バントで投球を当てた以外に、初回に打球が直撃するなど散々な1日だった。打球直撃の方は2回もマウンドに上がってたので大丈夫だと思うが、指の方は心配。軽症であってほしい。

そして高木のまさかの降板で急遽マウンドに上がったのが、17日に支配下選手として公示されたばかりの篠原。篠原は2014年の育成ドラフトで1位指名され、今年が3年目。四国アイランドリーグの香川の出身で、現在26歳。急な登板となったが、3イニングを抑えきって見事勝ち投手となった。今日の経験は篠原にとってものすごく大きなものになったと思うし、これから一軍に定着できるよう頑張ってほしい。初勝利おめでとう。

打線は1点に抑えられた。ヒットは8本出たが、あと1本がなかなか出なかった。ブキャナンは今後も難敵になりそう。それでも犠牲フライで1点取ってくれる阿部の頼もしさがすごい。

九州での2連戦を連勝で終えた。明日は試合がなく、金曜日からは東京ドームに戻って阪神との3連戦。阪神とは現在2位を争っている。広島についていくために、最低でも勝ち越したいところ。先発はマイコラス、田口、大竹だろう。現在33イニング連続無失点中で、この記録がどこまで続くかも見どころだ。

posted by K at 23:58 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: