2017年04月21日

2017.04.21 巨人1-4阪神

初回、福留の3ランで阪神がいきなり3点を先制。巨人は3回、阿部の犠牲フライで1点を返すが、5回、マイコラスが満塁から北條に押し出し四球を与え、阪神がふたたび3点差に。巨人はその後なかなかチャンスを作ることができず、結局このままゲームセット。巨人は連勝が4でストップした。

先発のマイコラスは6回4失点。初回の3ランももちろん痛かったが、5回の1点がより痛かった。2アウトから福留に2ベースを打たれて、そこから死球、四球、四球。今日の打線を見るにこの1点がなくても負けてたかもしれないが、これで流れが完全に向こうに行ってしまったように思う。まあマイコラスにもたまにはこんな日があるということで、切り替えて次に臨んでほしい。

7回以降はリリーフが無失点に抑えたが、森福がこのところ少し厳しい。前2試合に続き、今日もランナーをためて降板となった。今のところは後続が抑えているので結果的に無失点になっているけど、使い方は考えないといけないかもしれない。

打線はメッセンジャーを攻略できず。5番以降の出塁が小林の1安打のみだとやはりそう点は取れない。ただ、中井、立岡の1,2番が開幕当初に比べて打てるようになってきているのはいい傾向。この調子を続けてほしい。

連勝は止まったが、大事なのはここから連敗しないこと。明日は勝ちたい。明日の先発は巨人が田口、阪神が能見。田口は前回登板で今季初勝利を挙げたが、本人の投球内容はいまいち。5回で111球、6四死球と荒れていた。阪神戦は2週間前にも登板したが、その際は雨で2回を投げた時点でノーゲームとなっていた。昨年阪神戦に強かった田口なので期待したい。対する能見とは今季2度目の対戦。前回は7回途中3失点で勝ち負けつかず。能見は中5日での登板となるが、それがどう出るか。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:53 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: