2017年05月05日

2017.05.05 巨人3-2中日

初回、巨人の守備のミスにより、中日が先制。4回にはビシエドのホームランで1点を追加する。巨人は5回、坂本のタイムリー内野安打で1点を返す。そして8回、巨人は亀井のタイムリーでまず同点とし、さらに小林のセーフティスクイズがクロスプレーの末に決まり、巨人が逆転。このリードを守った巨人がカードの初戦を制した。

先発のマイコラスは7回2失点(自責1)。1点目は阿部のエラーによるものなので、実質ビシエドのホームランのみに抑えた。菅野みたいな圧倒的な感じではないが、本当に安定している。13勝した一昨年の初勝利は5月28日だったが、今季はまだ5月5日の時点で4勝目。何勝してくれるんだろうか。

逆転後の2イニングはマシソン、カミネロがいつも通り抑えた。この2人も非常に安定している。マシソンは丸1ヶ月無失点。カミネロも6失点と爆発したあの試合以外はまだ点を取られていない。マイコラス・マシソン・カミネロの助っ人リレーで勝ったのも早くも今季3度目。とても頼もしいし、これだけ調子がいいとそりゃあクルーズも上げられないなと。マギーも調子良いし。

打線は終盤に逆転。途中までは毎回のように得点圏までランナーを進めながらなかなか得点できなかったが、どうにかもぎ取った。亀井はやっぱり代打の方が良いのかな。代打だといつも打ってるイメージだけど、スタメンだと打ってるイメージがない。

明日の先発は巨人が田口、中日が大野。田口は今季3度目の中日戦。過去2回はいずれも5回2失点で降板しており、1勝0敗。先週のヤクルト戦は与四死球8と大荒れだったので(無失点だったけど)、制球を改善して長いイニングを投げてほしい。対する大野とは今季3度目の対戦。過去2回は大野から見て0勝1敗、防御率5.27。開幕戦では打ち込んだが、前回は8回途中2失点と抑えられた。明日はどうなるか。

タグ:中日 野球 巨人
posted by K at 23:35 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: