2017年05月10日

2017.05.10 巨人9-7阪神

初回、阿部の2ランで巨人が先制。しかし直後の2回、鳥谷の犠牲フライと糸原のタイムリーで阪神が同点とする。3回、坂本の3ラン、マギーのホームランで巨人が4点を勝ち越し。巨人は4回には長野の今季初ホームランで1点、5回には坂本の2打席連続となるホームラン、小林のタイムリーで2点を追加し、この時点で9-2と大量リードを奪う。しかし阪神は6回、押し出しの四球、高山のタイムリー、北條の2点タイムリーで4点を返し、3点差に。さらに9回には中谷のホームランで2点差とするが、最後はカミネロがなんとか抑え、巨人が逃げ切り。阪神の連勝は6でストップした。

先発の大竹は6回途中6失点。今日は大量リードをもらったのだが、またしてもイニングを投げ切れずに降板となってしまった。まあ高山と北條にタイムリーを打たれたのは代わった山口だけど、ランナーをためたのは大竹だし、その前に押し出しの四球を出してるからなあ。勝ったけど、反省して次につなげてほしい。

中継ぎは山口、マシソン、池田、カミネロでリードをなんとか守った。カミネロは回跨ぎをさせたけど、今日は勝ちたい試合だったのでこれでも良いと思う。前の試合から間も空いていたし。

打線は5ホームラン。坂本が2本、阿部、マギー、長野が1本ずつ。坂本とマギーは好調を維持している。阿部は昨日ホームランが出ればと書いたが、さっそく打った。ホームランは4月12日以来、ほぼ1ヶ月ぶり。これで完全復調となってくれれば。そして長野にもついにホームランが出た。長野もこれをきっかけにしてほしいところだが、長野の場合はまだ今季タイムリーがない。というか得点圏でのヒットがない。これが出てやっと復調の兆しと言えるんじゃないかと思う。

3連戦だと勘違いしていたが2連戦だったので、このカードは1勝1敗ということに。菅野で勝てなかったのは痛かったが、今日取り返したので良しとしよう。連勝中だった阪神を、内容はともかく止めたというのが大事。

金曜日からはマツダスタジアムで広島との3連戦。現在2位の広島とは1.5ゲーム差。理想は勝ち越しだが、敵地での試合ということもあり、最悪3連敗だけは避けたいところ。内海が抹消されたので、先発はマイコラス、田口、宮國だろうか。マイコラスで確実に勝ちたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 23:21 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: