2017年05月13日

2017.05.13 巨人2-11広島

初回、鈴木のタイムリーで広島が先制。さらに松山の2点タイムリーも出てこの回3点を挙げる。3回にはエルドレッドのホームランで1点を追加する。巨人は4回、阿部の2ランで2点差とする。しかし6回、田中の犠牲フライで広島が1点を追加。そして8回、丸のタイムリー、安部の2点タイムリー、エルドレッドの3ランで広島がダメ押しの6点を追加。広島が大勝した。

先発のマイコラスは6回5失点。昨日の試合が雨で中止となり、スライド登板となったがそれが裏目に出たか、いきなり3点を取られ、主導権を握られてしまった。マイコラスでもこんな日がある、と割り切るしかないか。

中継ぎ陣も苦しかった。池田はなんとか無失点で抑えたが、篠原は四球2つを出し降板、そのあとの中川はタイムリー、四球、タイムリー、ホームランと散々だった。若手ピッチャーが信頼を得るには抑えるしかないが、篠原や中川が信頼されるのはまだ先かな。

打線は阿部の2ランホームランのみ。阿部は調子を戻してきたと見てよさそう。ただ今日はそれくらいしか言うことがない。

点差的にも内容的にも今季ワーストゲームだったかもしれない。まあこれだけの大敗なら逆に切り替えられるんじゃないだろうか。というか切り替えないといけない。

明日の先発は巨人が田口、広島が九里。今季は制球にムラがありながらもまだ負けなしの田口。広島戦は今季初登板となる。田口は広島出身で明日は地元での登板となるので、地元の巨人ファン(どれだけいるかわからないけど)に良い姿を見せてほしい。対する九里とは今季初対戦。ここまでは6試合に登板し、2勝3敗、防御率5.50。ここ数試合は精彩を欠いており、明日がラストチャンスでもおかしくない。なので本人も必死で来るだろう。ただマツダスタジアムでは抑えているので、そこが巨人打線としては不安。今日の分も打ってほしいところ。

タグ:巨人 野球 広島
posted by K at 21:05 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: