2017年05月16日

2017.05.16 巨人5-1ヤクルト

初回、阿部の2ランで巨人が先制。5回には立岡のタイムリー、阿部の2点タイムリーで3点を追加する。ヤクルトは7回、バレンティンのホームランで1点を返すが、反撃はそれだけ。菅野、カミネロのリレーで抑えた巨人が連敗を止め、カードの初戦を勝利で飾った。

先発の菅野は8回1失点。前回は4失点で負け投手となったが、今回は今まで通りの見事なピッチングだった。今回すごかったのは球数で、8回を投げて91球。7回終了時点ではなんと68球だった。菅野は三振も取れるピッチャーだが、個人的には今日のように少ない球数でどんどん打ち取っていくピッチングを見たい。球数的には完投もできたと思うが、8回はピンチがあったのと、カミネロの登板間隔が開いていたので調整のため、ってところあろうか。

打線は阿部が4打点。この4試合で3ホームラン、8打点と、復活したと見ていいだろう。ただ一方でチーム全体ではヤクルト以下の6安打と打てていない。今日のスタメンだと立岡、亀井、中井は打率が2割台前半、小林は1割台。このへんがもう少し打てれば良くなるんだけど。

明日の先発は巨人が大竹、ヤクルトが由規。ここまで4勝1敗だが、とにかくイニングを投げ切って後を託すことがまだ今季1度もできていない大竹。とにかく投げ切ろう。最低6回、できれば7回。ヤクルト戦は今季初登板となる。対する由規とは今季初対戦。というかものすごく久しぶりの対戦となる。調べたら2011年の9月3日以来、実に6年ぶり。この試合は由規が長期離脱する前の最後の白星を挙げた試合でもある。由規はその後4年間一軍登板がなかったが、昨年5年ぶりに一軍登板。しかし巨人戦では登板がなかった。由規は今季1試合に登板したが、4回途中3失点で負け投手となっている。序盤で崩せるか。

posted by K at 23:50 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: