2017年05月17日

2017.05.17 巨人0-7ヤクルト

初回、山田と雄平のタイムリーでヤクルトが2点を先制。5回には大松の2点タイムリー、6回には山田、雄平のタイムリーと押し出し四球で3点を追加し、ヤクルトが7-0と大量リードを奪う。反撃したい巨人だが、連打が出ずこのままゲームセット。巨人は今季2度目の完封負けとなった。

先発の大竹は5回4失点。今季初めてイニングを投げ終えての交代となったが、期待していた内容とはちょっと違う。今日はもうただただ打たれすぎた。

中継ぎでも池田、篠原が抑えられない中、今日唯一の希望と言っても良かったのが桜井。昨年のドラフト1位が1年以上ぶりの一軍登板となったが、2イニングをパーフェクトに抑えた。いずれは先発を、というところだが、今は勝ちパターン以外の中継ぎがガタガタなので、まずは中継ぎで信頼を勝ち取ってほしい。

打線はわずか5安打。打線にも変化があった。ここまでずっとスタメンを守ってきた中井がスタメンから外れ、代わりに今年のドラフト1位ルーキー、吉川が7番セカンドでプロ初スタメンに入った。結果は4打数ノーヒットだったが、今日は他の選手もそんなに打ってないのでまあいい。今は中井もそんなに調子良くないし、少し試してもいいかもしれない。どうしようもなければまた二軍で鍛えればいい。

明日の先発は巨人が宮國、ヤクルトが石川。宮國は5月4日以来の先発。2連戦だったり雨で中止になったりでしばらく登板機会がなく、日曜日には中継ぎでも登板したが、そこでは1アウトしか取れず2失点。不安を残した。今季はまだ勝っておらず、明日がラストチャンスの可能性もある。奮起してほしい。対する石川とは今季2度目の対戦。前回は4回7失点と巨人が石川を打ち崩した。どうも打線が下降気味なのが心配だが、前回打っているので明日も打ってほしい。

posted by K at 23:39 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: