2017年05月19日

平成29年夏場所 5日目●白鵬

5日目 ●御嶽海(上手投げ)白鵬○

立ち合い、白鵬がかち上げに来る。御嶽海はもろ差しを狙おうとしたものの、それより早く白鵬が右四つの形に。そこから白鵬が上手投げで御嶽海を土俵の外に出した。白鵬は5連勝、御嶽海は3勝2敗で序盤戦を終えた。

御嶽海がまだ勝ったことのない上位陣は白鵬と稀勢の里の2人だが、稀勢の里戦は負けはするものの内容的には善戦も多い。なので御嶽海にとっての最大の壁はこの白鵬戦だ。今場所の御嶽海は調子も良かったのであるいはと思ったが、今回もあっという間に四つの形になってしまった。白鵬戦はどうもまだ勝つ道筋が見えないなあ。まわしを取られないことが最低条件だと思うんだけど、まだそこにさえ到達させてもらえない。御嶽海も大相撲ではかなり上の方に来ていると思うのだが、頂点は遠い。

序盤5日間が終わって3勝2敗。御嶽海は今場所が幕内10場所目だが、じつに8度目の3勝2敗となる。残る2場所は0勝5敗、1勝4敗でその2場所はともに負け越し。一方で3勝2敗の過去7場所のうち、インフルエンザによる休場があった昨年初場所以外はすべて勝ち越している。今場所もすでに横綱2人との対戦が終わっており、勝ち越しに向けて好スタートを切ったと言えるだろう。今場所は白鵬、日馬富士以外の横綱・大関陣はそれほど調子は良くなく、鶴竜はすでに休場している。御嶽海はここをチャンスにして、場所を面白くしてほしいところだ。

明日の相手は大関・豪栄道。豪栄道は先場所途中休場となり、今場所はかど番。しかしここまでは3勝2敗といまいち波に乗り切れていない。まだ上位戦が残っていることを考えると、下位の力士には負けたくないところだろう。過去の対戦は御嶽海の1勝2敗。前回の対戦で御嶽海が初勝利を挙げている。御嶽海は今場所立ち合いがなかなかいいので、明日もそのままの立ち合いを見せてほしい。そのあとはとにかく相手の形にさせないことだろう。

タグ:相撲 御嶽海
posted by K at 00:29 | Comment(1) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のご連絡失礼いたします。

お仕事の件でご提案したい件がございますので、お手数ですがメールにてご連絡いただけますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 立川理恵 at 2017年05月19日 18:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: