2017年05月19日

2017.05.19 巨人5-3DeNA

巨人・マイコラス、DeNA・井納、両先発の好投により、6回まで0-0が続く。7回、長野の2点タイムリー3ベースで巨人が2点を先制する。しかしその裏、宮崎のタイムリー、戸柱の内野ゴロの間に1点、さらに石川のタイムリーが出て、DeNAが3点を取って逆転する。しかし9回、マギーの犠牲フライで巨人が同点に追いつき、試合は延長戦へ。10回、マギーの2点タイムリーで巨人が勝ち越し。このリードをカミネロが守り、巨人が連敗を止めた。

先発のマイコラスは7回3失点。6回まではわずか1安打に抑える素晴らしいピッチングだったが、先制した直後の7回に不運もあったが逆転を許してしまった。勝ちはつかなかったが、前回よりは良くなっていたと思うので次に期待。

打線は6安打だったが、四死球を点につなげた。ヒーローはマギーだと思うけど、長野に今季初タイムリーが出たのも大きい。長野には復活してもらわなければ困るし、これをきっかけにしてほしい。打率を2割台後半まで上げてほしいところ。

負けそうだった試合を勝ちに持っていけたのは大きい。今日負ければ借金1となるところだったが、それも回避した。この勝ちで流れを変えたい。

明日の先発は巨人が内海、DeNAがクライン。内海は5月7日の中日戦以来の登板。前回は4回5失点と結果を残せなかった。しかし今季のDeNA戦は7回1失点で勝ち投手になっている。そっちの内海を出せるか。対するクラインとは初対戦。クラインは今季加入した新外国人で、ここまで4試合に登板し、2勝1敗、防御率3.43。まずまずの投球を見せていたものの、4月24日に二軍落ちしていた。明日が4月23日以来の一軍登板となる。今日の流れのまま序盤に点を取りたい。

タグ:巨人 野球 DeNA
posted by K at 23:31 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: