2017年05月19日

平成29年夏場所 6日目●豪栄道

6日目 ●御嶽海(下手投げ)豪栄道○

立ち合いはほぼ互角。御嶽海は突っ張りながら相手にまわしを与えない。しかし豪栄道がいなしを見せ、御嶽海は体勢を崩される。すぐに豪栄道の方に向き直り、左で上手を取るが、豪栄道に右下手を取られ、下手投げを食らった。御嶽海は3連勝からの3連敗で星が五分となった。

いいところまでは行っていた。相手のいなしにも耐えて、一瞬有利な体勢にもなったが、最後は調子を戻してきた豪栄道にやられてしまった。今日は内容は悪くはなかったと思うが、主導権はずっと豪栄道の方にあったように思う。自分の相撲に持って行けなかったというのが敗因かな。

上位戦が続いているのもあるが、3連敗はちょっと嫌な流れだ。先場所は3勝5敗から勝ち越したとはいえ、先場所と同じことが必ずできるというわけでもない。連敗は早めに止めておきたい。

明日の相手は横綱・稀勢の里。白鵬と並び、御嶽海がまだ勝っていない相手である。過去の対戦は0勝4敗で、すべて寄り切りで敗れている。2場所連続優勝を飾った稀勢の里は、先場所負ったケガが完治しておらず、すでに2敗を喫している。勝った相撲も万全ではないものがあるが、今日は良い相撲で勝った。はっきり言って、御嶽海としては今場所は稀勢の里に勝つチャンスだ。基本的に丈夫で安定感もある稀勢の里がこんなに状態が悪いことはそうそうない。それでも組まれてしまったら勝ち目はないので、離れて取るか、隙を突いてもろ差しになるかだろう。当たり前だけどまずは立ち合いが大事だ。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 23:59 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: