2017年12月18日

巨人・高木勇人、野上亮磨の人的補償で西武へ移籍

西武は、FAで巨人に移籍した野上亮磨投手の人的補償として高木勇人投手を獲得すると発表した。

野上は今年規定に到達し、11勝10敗で4年ぶりに2ケタ勝利。一方の高木は長期離脱と、復帰後は中継ぎだったこともあり、今季の投球イニングは27回3分の1、わずか1勝に終わった。3年目ではあるが社会人卒なのでもう28歳とそれほど若くはないし、今季の成績だけ見るとプロテクト漏れもやむを得ないと思える。ただ、昨年、一昨年の成績では野上より高木の方が上だし、今季も防御率では高木は2点台と悪くはないので、なんだかもったいなく感じてしまう。これがトレードなら巨人が得してると思うが、FAの人的補償と考えると、うーん…、という感じ。

野上は規定に到達したのは2年だけだが、その2年はいずれも2ケタ勝利を挙げている。またそれ以外の年も100イニング以上は投げており、ローテーションはそれなりに守ってくれそう。巨人は今季100イニング以上投げた投手が3人しかおらず、しかもそこからマイコラスが抜けるので、野上には頑張ってもらわなければいけない。

高木はルーキーイヤーに9勝を挙げ大きな期待がかかったが、昨年は5勝9敗、今年は1勝2敗と右肩下がり。でも、まだ復活できると個人的には思っている。西武は打線も巨人より良いし、援護を受けて勝てるよう西武でも頑張ってほしい。そしてまたあの不思議なヒーローインタビューを聞きたい。

今回の一連の移籍が、両選手に、そして両チームにプラスになることを祈る。

posted by K at 23:42 | Comment(0) | 巨人2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: