2018年02月26日

NGT48 ドラフト3期生がお披露目

今日の昼公演にて、先月の第3回ドラフト会議にてNGT48が交渉権を獲得した5人が、正式にNGT48に加入することが発表された。本人たちが登場し、お披露目された。








まずは、5人全員無事に入ってくれて良かった。全員NGT志望だったとはいえ、何があるかわからないし。

自己紹介はツイッターに動画も上がっているが、非常に初々しい。目の前にはファンが、後ろには先輩がいるという状況で、緊張も伝わってくるが、みんな言いたいことはちゃんと言えたんじゃないかなと思う。それにしても、ドラフト3期生5人の初々しさとその後自己紹介した1期生の慣れた感じの差がすごかった。1期生も2年前こんなぎこちなかったっけ…?りかちゃんあたりは言わずもがな、今も毎日元気に事故りこしているりったんや、今日もちょっと何言ってるかわかんなかったおかっぱでさえ、意外とスムーズに喋ってるんだなというのが分かった。これが2年半の経験か。

いきなりの発表のようにも見えたが、実は昨日、公式ツイッターで予告はしていた。



「どら焼き食べすぎて太った」→「どら太」→「ドラフト」。しれっと変えたのはプロフィールのところで、メンバー数が29人(ドラフト生を足した人数)に変わっていた。きたりえのいないときに発表したのは少々意外だったが、きたりえのスケジュールに合わせるとだいぶ先になってしまうからしょうがないという判断だろうか。もしくはドラフト生と一緒に活動する期間はほとんどないのでまあいいかという感じだろうか。

ドラフト3期生はこれからレッスンをして公演出演を目指すことになる。N3の研究生という立場なので「誇りの丘」は出るだろうし、研究生なので研究生公演にも出るのだろうか。研究生公演はベースが基本となる「PARTYが始まるよ」なので、「誇りの丘」より覚えやすいかも。一方で「誇りの丘」の研究生枠であれば出演する曲数が少ないので、その分早く覚えられるか。ただ相当早くても、きたりえの卒業までに間に合うかは微妙なところだろう。個人的には、しばらく公演前に前座として5人で出て、1曲披露するのもいいかなと思う。

これから公演や握手会に出ていくことになるだろうが、個人的な要望は、キャッチフレーズだけはつけてほしい。1期生は全員自己紹介のときにキャッチフレーズをしていて、そこでまずキャラを覚えてもらえるので、考えてつけてほしいなと思う。

posted by K at 01:33 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: