2018年04月21日

2018.04.21 巨人3-0阪神

4回、岡本のタイムリーで巨人が先制。さらに亀井、小林にもタイムリーが出て、この回3点を挙げる。阪神は6回、ノーアウト満塁のチャンスを作るが、ここは田口から代わった澤村に抑えられ無得点。その後も巨人のリリーフ陣が阪神打線を抑え、このままゲームセット。巨人が連勝で、カードの勝ち越しを決めた。

先発の田口は6回途中無失点。今季4試合目の登板でようやく今季初勝利を挙げた。これまでの3試合はいずれも早い回に先制を許していたが、今日はランナーを出しながらもなんとか抑え、味方が先制するまで耐えた。無失点に抑えたのは澤村の功績もかなり大きいが、勝ったことで大きく前進できたと思う。ただ、6回途中で降板したのは今後の課題だろう。田口にはできれば安定して7回を投げてほしい。

今日はリリーフも無失点で抑えた。とくに澤村はノーアウト1,2塁という厳しい状況で登板して2イニングを抑えた。上原を楽な場面で登板させたいというのがあるために澤村に負担がかかってしまっているが、今日は見事だった。

打線は4回に集中打で3点を奪った。このところ調子が落ちてきているように感じた岡本に、久々に打点がついたのは良かった。吉川尚も今日は2安打したし、2人ともしっかりスタメンの役割を果たせている。1軍の試合にこれだけ出続けるのは初めてなので、そろそろ疲れも出てくる時期だと思うが、ここを乗り越えて不動のレギュラーとなってほしい。

明日の先発は巨人が野上、阪神が高橋遥人。前回の阪神戦では6回途中2失点で勝ち投手になった野上。今日澤村が2イニングを投げたので、できれば野上には7回くらいまで投げてほしいところだが、まずはしっかり試合を作ってほしい。対する高橋遥人はドラフト2位ルーキー。先週さっそく一軍デビューを果たし、7回無失点の素晴らしいピッチングで広島からプロ初勝利を挙げた。そこから中10日での登板となる。DeNAの東に続いてルーキーとの対戦となるが、ルーキーに何度もやられるわけにはいかない。序盤に先制して主導権を握りたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: