2018年04月29日

荻野由佳選挙公約「何があってもへこたれない!特別試写会」の感想

だいぶ前になってしまったが、3月30日にNGT48劇場で行われた、おぎゆかの選挙公約「何があってもへこたれない!特別試写会」の感想。

このイベントは昼・夜の2回行われたが、フォーマットは2回とも同じ。約1時間のイベントで、前半は公約である「何があってもへこたれない企画」のVTRをおぎゆかの生コメンタリー付きで鑑賞。後半はゲストを迎えたトーク・ゲーム・歌コーナー。ゲストは、昼ががたねぇで西荻、夜がアヤカニでおせんべいコンビという形になった。

メインである「何があってもへこたれない企画」は、Maxとき315号の清掃。実際に清掃している人の指導を受け、最後は教わったことをちゃんと実践できているかの試験にも挑戦した。本人が考えたわけではないみたいだが、Maxとき315号の清掃というのはおぎゆかっぽくていい企画だったと思う。

後半はゲストを迎えてのトークやゲームや歌のコーナー。がたねぇの方は、正直がたねぇの声のコンディションが非常に悪かったため、そっちの方にばかり気が行ってしまった。がたねぇは前に声がおかしくなってしまったときもちょうどラジオの収録があったり、声の不調と仕事が重なるなあ。持ってるのか持ってないのか。アヤカニは歌もおぎゆかと一緒に歌ったが、がたねぇが歌わなかったのは声が出なかったのもあるかもしれない。アヤカニは口での伝言ゲームも成功したりさすがの相性の良さを見せた。おせんべいの絆。

歌コーナーは総選挙公約のイベントということもあり、思い出の曲「#好きなんだ」を披露(昼は1人で、夜はアヤカニと2人で)。昼はアカペラで「世界はどこまで青空なのか?」も披露した。昼はソロでの歌唱となったが、(オリジナルメンバーというのはあるけど)踊りながらと考えるとおぎゆかもだいぶ歌唱力が上達したなと思った。

1時間ちょっとだったが、VTR、ゲーム、トーク、歌と内容が詰まってて良い企画だった。

posted by K at 22:42 | Comment(0) | NGT48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: