2018年05月10日

2018.05.10 巨人4-2阪神

3回、阿部の3ランホームランで巨人が先制。6回、福留の2点タイムリーで阪神が1点差とする。8回、阪神・岩崎のワイルドピッチで巨人が1点を追加。9回をカミネロが抑えた巨人が勝利し、このカードの勝ち越しを決めた。

先発の内海は6回途中2失点。今季初登板で初勝利を挙げた。5回までは2安打無失点と好投したが、6回にランナーをためて降板し、2番手の宮國がランナーを返した。まあこれはランナーをためて降板した内海が悪いのでしょうがないが、試合はしっかり作った。昨日の吉川と同じような感じだし、これなら次もチャンスはもらえるだろう。

内海の後は宮國、上原、澤村、カミネロとつないだ。1点差で今の上原を出したのはなかなかの賭けだと思ったが、今日はしっかり3者凡退に抑えた。また僅差で使えるようになれば非常に大きいが、この投球を続けられるか。

打線はなんといっても阿部の一発。今日はマギーに代わって4番に入り、見事試合を決める一発を打った。この間もスタメンの試合でホームランを打っており、スタメン2試合で2本。チャンスはまだ少ないが、結果を残している。マギーの調子がいまいち上がってこないので、これからは阿部の出番ももう少し増えそうだ。

明日からは東京ドームで中日との3連戦。先発は巨人が菅野、中日が小笠原。現在18イニング連続無失点中の菅野。中日戦は今季初登板だが、まあ心配いらないだろう。昨日・今日と澤村をガッツリ使ってしまったので、菅野には澤村を使わなくていいように長いイニングを投げてほしい。対する小笠原とは今季初対戦。今季は中日の開幕投手を任されたが、ここまでは1勝2敗、防御率4.89とあまり結果を残せていない。それでも前回登板では6回1失点(自責0)と好投を見せており、立ち直ってきている可能性もある。巨人は阪神との3連戦あまり打てなかったので、次の3連戦では打ちたい。

タグ:巨人 野球 阪神
posted by K at 22:38 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: