2018年05月11日

2018.05.11 巨人6-0中日

2回、長野の2点タイムリーで巨人が先制。5回、吉川尚のタイムリーで巨人が1点を追加。巨人の先発・菅野は7回にノーアウト2,3塁の大ピンチを迎えるが、ここをショートフライと連続三振で無失点で切り抜けると、8回、マギーの3ランで巨人がダメ押しの3点を追加。9回のノーアウト3塁のピンチも無失点で抑えた菅野が完封で、巨人がカードの初戦を制した。

先発の菅野は9回無失点。7者連続三振を含む自己最多タイの13奪三振で今季2度目の完封勝利を挙げた。完璧に抑えるのも当然素晴らしいが、今日は7回と9回の2度、ノーアウトで3塁にランナーを置いてからのピッチングが凄まじかった。おそらく菅野ならば1点失ってもその後を抑えて勝っていたと思うが、1点もやらないという気迫がすごかった。そしてそれを実際にやってのけてしまうのがエース。27イニング連続無失点で防御率もついに1点台まで来た。どこまで記録が伸びるか楽しみだ。

打線は絶不調だったマギーが3安打3打点の大活躍。今日は3番岡本、4番ゲレーロ、5番マギーとクリーンナップの打順を入れ替えて臨んだが、8回は岡本、ゲレーロの連続ヒットからのマギーの3ランなので、打順組み替えがピタリとはまった。阿部がスタメンで結果を出しており、マギーもスタメン安泰ではないという状況で、2人ともが奮起して調子を上げていってくれると一番いいが。

明日の先発は巨人が田口、中日がガルシア。前回、今季最長の7回を投げて勝ち投手になった田口。大事なのはこれを続けることができるか。山口俊の調子が落ちてきた今、広島を追いかけるには田口の復調は必要不可欠。明日もできれば7回を投げ切ってほしい。対するガルシアとは今季2度目の対戦。前回は6回1失点で、ガルシアに来日初勝利を献上した。ここまでは6試合に登板、うち5試合に先発して3勝1敗、防御率2.30。巨人に勝って以降も好投を続けていたが、前回登板で5回4失点、初黒星を喫した。左投手なのでおそらく明日もマギーがスタメンだと思われる。完全復活となるか。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 22:06 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: