2018年05月12日

平成30年夏場所 初日、2日目の取組が決定

明日初日を迎える夏場所の初日、2日目の取組が発表され、東小結の御嶽海は初日に大栄翔、2日目は結びの一番で横綱・白鵬との対戦が組まれた。

大栄翔とは過去2勝1敗。十両時代の初対戦では敗れたが、幕内では御嶽海の2勝0敗。直近の対戦はちょうど1年前の夏場所で、押し出しで御嶽海が勝利している。まあまあやりやすい相手ではないかと思うので、自分の相撲で良い滑り出しを見せたい。

過去の対戦
27名 ●御嶽海(押し出し)大栄翔○ ※十両
28春 ○御嶽海(引き落とし)大栄翔●
29夏 ○御嶽海(押し出し)大栄翔●

そして2日目は結びで白鵬との対戦となった。過去は2勝5敗で、うち1勝は不戦勝なので相撲を取っての成績は1勝5敗。直近の対戦では寄り切りで白鵬が勝利した。白鵬は初場所で途中休場、春場所は全休と2場所連続休場中。昨年九州場所以来の優勝を狙う。どういう状態かにもよるが、出場してくる以上それなりの状態ではあるはずで、御嶽海は最高の相撲をしなければ勝つのは難しいだろう。しかしここで勝てれば勢いに乗れる。立ち合いで負けないようにしたい。


今場所は初日から横綱・稀勢の里、大関・高安が休場ということになった。稀勢の里はこれで7場所連続休場で、貴乃花と並ぶ史上最多タイとなる。休場のための診断書には「左大胸筋痛」ということで、これは昨年春場所に痛めたところである。いまさら言ってもどうしようもないが、昨年の夏場所、名古屋場所くらいを最初から出ないと決めて、治すことだけに専念していれば、今こんなことになっていなかっただろうと思う。7場所連続休場で次はおそらくない。休場ならばそのまま引退となる可能性もある。あと2ヶ月でどうなるか。高安は途中出場の可能性もあるということだが、負け越すとかど番となる。

先場所優勝の鶴竜は初日に遠藤、2日目に玉鷲と。白鵬は初日に玉鷲、2日目に御嶽海と。大関・豪栄道は初日に魁聖、2日目に松鳳山と。大関昇進を狙う栃ノ心は初日に松鳳山、2日目に阿炎と、それぞれ対戦が組まれた。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 20:16 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: