2018年05月12日

2018.05.12 巨人0-6中日

4回、福田のソロホームランで中日が先制。中日は6回にビシエドのホームランで1点を追加し、さらに7回にはアルモンテの3ランホームランで3点、8回には大野のタイムリーで1点を追加する。巨人はその裏、1アウト満塁のチャンスを迎えたが、ここで痛恨のダブルプレー。中日は先発のガルシアが最後まで投げ抜いてゲームセット。完封返しとばかりに中日が完封勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の田口は7回5失点(自責2)。クリーンナップ3人全員からホームランを打たれた。自責が2なのは7回の3ランが味方のエラー絡みだからで、これに関しては同情すべき点もあるが、ただ田口には、左のエースの田口には味方のミスもカバーしてほしかった。

打線は中日先発のガルシアから1点も奪えず。今週2度目の完封負けということで、打線の調子も落ちてきているように感じる。あと、今日はやはり守備のミスが大きく響いた。今日は岡本が吉川の送球を捕れず、これが3ランにつながった。今日みたいに打てない日こそ、守備はしっかりしてほしいと思う。

明日の先発は巨人が野上、中日が松坂。前回3回途中7失点の大炎上となった野上だが、立て直せるか。昨日菅野が完封し、今日は負け試合だったので中継ぎに余裕はあるし、序盤から飛ばしていっても良いと思う。対する松坂とは今季2度目の対戦。前回の対戦は5回3失点で、試合は巨人が勝利したもののとらえきれなかったという印象がある。松坂は前回登板したDeNA戦で6回1失点で今季初勝利。NPBで4241日ぶりの勝利を挙げた。そこからおよそ2週間経っての登板となる。東京ドームでの登板は2009年のWBCでの登板以来となるらしいが、打線は今度こそ捉えたい。

タグ:巨人 野球 中日
posted by K at 21:49 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: