2018年05月13日

2018.05.13 巨人9-5中日

初回、吉川尚のプロ初ホームランで巨人が2点を先制。3回、中日先発の松坂がアクシデントで降板すると、代わった笠原から亀井の2点タイムリー、長野のタイムリー、小林の内野ゴロの間の1点で巨人が計4点を追加。さらに4回には岡本の3ランホームランが出て、巨人が大量リードを奪う。中日は6回、京田のタイムリーで1点を返すと、9回にはビシエド、高橋のタイムリー、藤井の内野ゴロの間、大島のタイムリーで4点を返すが、序盤の差が大きくこのままゲームセット。巨人がこのカードの勝ち越しを決めた。

先発の野上は6回1失点。序盤の大量リードもあって5回まではすいすいと投げたが、6回は1点を奪われ、さらにピンチだったがダブルプレーでなんとか切り抜けた。これだけのリードがあったのでもう1イニングくらい投げてほしかった気持ちもあるが、イニングを投げ切って終わっただけ良かったと思う。

9回にカミネロが登板して4失点とめった打ちにあったが、まあ今日はかなり点差もあったし、今日打たれたからと言って抑え失格というわけではないだろう。引きずらなければ問題ない。ただ10日にも登板しているなかで今日出てきたのはちょっと不思議。

打線は序盤に打ちまくった。岡本に久々にホームランが出たのも良かったが、今日は吉川尚のプロ初ホームランだろう。あの松坂から打ったというのは本人にとっても忘れられない出来事になるのでは。長打を打てないバッターではないと思うので、シーズン5本塁打を目指してほしい。ところで今日は2番手の笠原からよく打ったが、笠原からは20点取ったあの日も6点奪った。巨人は「笠原」に何か恨みでもあるのだろうか

心配なのはゲレーロで、手に死球を受けて交代した。ここまで打率は3割越え、ホームランはチームトップの7本と主軸として活躍しており、万が一ここで離脱ということになると非常に痛い。軽症であることを祈る。

火曜日からはヤクルトとの2連戦。ヤクルト主催試合だが、神宮ではなく鹿児島で行われる。先発は山口俊、吉川だろう。吉川はある意味安定しているのでいいとして、ここ2試合崩れている山口が立て直せるか。とにかく死球を出さないように気をつけてほしい。

タグ:巨人 中日 野球
posted by K at 22:04 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: