2018年05月18日

平成30年夏場所 6日目○遠藤

6日目 ○御嶽海(上手出し投げ)遠藤●

立ち合い、御嶽海は遠藤を突き放し、突き押しで遠藤を押し込む。なおも押していこうとするが、ここで遠藤が右前まわしに手をかけると御嶽海が叩いてこれを切り、なおもまわしを取ろうとした遠藤に対して左上手を取り、そのまま出し投げ。小結同士の対戦は御嶽海が制した。

取り口がまったく違う2人なので、自分の相撲にした方が勝つという一番だったが、今日は立ち合いで突き放した御嶽海の相撲になったのが勝因だろう。先手を取れたので、遠藤が前まわしに手をかけたのにも素早く反応して対応することができた。

明日の相手は魁聖。過去の対戦は0勝3敗で、御嶽海が3回以上対戦して勝てていない唯一の力士である。ただし、最後の対戦は一昨年の九州場所、御嶽海が新小結だった場所であり、そのころとは実力もだいぶ違っていると思われる。魁聖は先場所12勝3敗と大活躍し、今場所は西筆頭。初日から上位戦が続いて5連敗していたが、今日は5連勝だった正代を破った(ちなみに正代も魁聖に勝ったことがない)。御嶽海にとっては苦手な巨漢力士だが、魁聖より重い逸ノ城にも勝っているし、突き放していけば勝機はあると思う。

過去の対戦
28春 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28名 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○
28九 ●御嶽海(寄り切り)魁聖○


昨日まで全勝だった3人のうち、白鵬、正代が敗れ、全勝は栃ノ心1人となった。白鵬は初顔だった阿炎に突き放され、反撃できずに一方的に押し出される完敗だった。なかなか衝撃的な負け方だったが、まだ差は1つで残りは9日間ある。引きずらずに行けるかが大事だろう。

タグ:御嶽海 相撲
posted by K at 22:41 | Comment(0) | 御嶽海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: