2018年06月09日

2018.06.09 巨人8-5西武

初回、岡本のタイムリーで巨人が先制。3回にも岡本のタイムリーが出て巨人が2点差とする。しかし直後の4回、外崎のホームランで西武が1点差とすると、6回、森の2点タイムリーで西武が逆転する。しかし7回、坂本の3ランホームランで巨人が再度逆転。直後の8回、中村のホームランで西武が1点差に迫るが、その裏、阿部の3ランホームランで巨人が突き放した。西武は9回にも浅村のホームランで1点を返すが、反撃はここまで。巨人が勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の田口は6回途中3失点。3試合連続で6回を投げ切ることもできなかった。今日は2点とはいえリードをもらっていたが、守れなかった。今季はここを凌げばあとは中継ぎに、というところで打たれている印象がある。そろそろ本気で二軍調整を考えてみてもいいのではないかと思う。今ならまだ今季中に復活できる可能性もある。

打線は2本の3ランホームランで試合を決めた。最近は若手が目立つことが多かったが、今日は坂本、阿部という長くチームを引っ張ってきた主力が活躍した。阿部は通算400ホームランまであと8本。今のペースであればギリギリ今季中に行けそうか。

明日の先発は巨人が内海、西武がウルフ。今季の登板はまだ2試合だが、2試合とも試合を作っている内海。ただ2試合とも回の途中で降板しているため、明日は回の最後まで投げてから中継ぎに託すことを目標にしてほしい。できれば6回。対するウルフは今季5試合に登板し、2勝1敗、防御率7.06。ものすごい防御率だが、これは1度、1アウトしか取れずに8失点(自責7)して降板した試合があるためで、それを除けばもう少し防御率は良い。巨人はまだ交流戦でのカード勝ち越しがない。明日勝って、今度こそ勝ち越しを決めたい。

タグ:西武 野球 巨人
posted by K at 22:18 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: