2018年06月10日

2018.06.10 巨人3-2西武

初回、坂本のホームランで巨人が先制。2回には亀井のホームランで1点を追加する。しかし西武は3回、秋山のタイムリーで1点を返すと、4回、外崎のタイムリーで同点とする。その後は両チーム一歩も譲らず、このまま延長戦に入るかと思われた9回、巨人は1アウト満塁のチャンスから、代打の大城がサヨナラタイムリー。巨人が今季初のサヨナラ勝ちで、交流戦で初めてカード勝ち越しとなった。

先発の内海は7回2失点。7安打を打たれたが、粘りのピッチングで今季最長の7回を投げた。このピッチングができればローテーションも守れるだろう。今日は勝ちはつかなかったが、ナイスピッチングだった。

打線はなんといっても大城。巨人はここまでサヨナラ勝ちがなかったが、今季初のサヨナラ勝ちをルーキーが決めた。小林の打撃がかなり落ちてきた中で、捕手も守備型と打撃型で使い分けられそうだ。

交流戦も残すは1週間。残る2カードはパリーグの本拠地で行われ、巨人はまず福岡でソフトバンクと、そして最後は千葉でロッテと対戦する。できれば4勝2敗以上で、交流戦を5割以上で終えたいところだが、まずは3勝を目標にしたい。

タグ:西武 野球 巨人
posted by K at 21:40 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: