2018年06月13日

2018.06.12 巨人8-2ソフトバンク

2回、小林の走者一掃の3点タイムリーで巨人が先制。さらに坂本にもタイムリーが出てこの回4点を挙げる。続く3回には亀井の2ランホームランでさらに2点を追加する。5回、甲斐の内野ゴロの間にソフトバンクが1点を返すが、直後の6回、田中の2点タイムリーで巨人がさらに点差を広げる。ソフトバンクは8回にデスパイネのタイムリーで1点を返すが、差は大きくこのままゲームセット。巨人がカード初戦を制した。

先発の山口俊は7回1失点。大量リードもあり、余裕をもって投げられたか。死球は1つあったが無四球だったのも良かった。

打線は序盤に大量リードを奪った。やはり2回の4点が大きい。ノーアウト満塁から2アウトになって、無得点だと嫌な流れになるというところで小林がタイムリーを打ち、さらに坂本が続いた。これで試合の主導権を握れた。ちなみに今日はDHありの試合だったが、阿部がDHに入り、三塁にはマギーではなく田中が入った。これにより、一塁岡本、二塁吉川尚、三塁田中、遊撃坂本という1年前にはとても考えられなかった全員生え抜き、しかも20代の内野陣となった。夢がある。

明日の先発は巨人が今村、ソフトバンクが攝津。前回、今季初登板ながら6回無失点の好投で初勝利を挙げた今村。ソフトバンク相手にも通用するか。対する攝津は、明日が今季3試合目の登板。過去2試合は1勝1敗、防御率4.50。昨年は勝利がなく、5月22日の勝利がじつに618日ぶりの勝利だった。しかし先週のヤクルト戦では3回5失点と崩れている。今日のように序盤からリードしたいところだ。

posted by K at 00:46 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: