2018年06月13日

2018.06.13 巨人2-4ソフトバンク

2回、塚田のホームランでソフトバンクが先制。4回、岡本のホームランと陽のタイムリーで巨人が逆転するが、5回、市川の2ランホームランでソフトバンクが再逆転する。7回にはスクイズを決めてソフトバンクが1点を追加。巨人は9回にチャンスを作るが、これを活かせず試合終了。ソフトバンクが勝利し、このカードは1勝1敗となった。

先発の今村は7回途中4失点。6回までは3失点で試合は作ったが、7回の失点が非常にもったいなかった。ヒットで出したランナーをワイルドピッチで3塁まで進めてスクイズで返されるという形で、この1点が大きく響いた。ここは反省して次につなげてほしい。

打線は4回に挙げた2点のみ。チャンスは多く、とくに7回以降は毎回得点圏にランナーを置いたが1点も取れなかった。今借金生活なのはこういうところなんだろうな…。

明日の先発は巨人が鍬原、ソフトバンクが石川。2試合登板してまだ勝ちのない鍬原。ただ初登板よりも前回の方が内容は良かったし、明日こそ初勝利を掴んでくれると期待している。対する石川は今季13試合に登板、うち9試合に先発し、7勝2敗、防御率2.59。防御率、勝ち星はともにチームトップと、エース級の働きを見せている。しかし交流戦での巨人は相手チームのエースを意外と打っているので、その意外性に期待したい。

posted by K at 22:00 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: