2018年06月14日

2018.06.14 巨人6-4ソフトバンク

2回、阿部のホームランで巨人が先制。しかしその裏、松田の2ランホームランでソフトバンクが逆転する。4回、岡本の2ランホームランで巨人が再逆転するが、5回、巨人のエラーによりソフトバンクが同点に。直後の6回、巨人が坂本のホームランと岡本のタイムリーで2点を勝ち越すが、その裏、上林のホームランでソフトバンクが1点差に。しかし9回、坂本のタイムリーで巨人が1点を追加。このリードを守り切った巨人がカード勝ち越しを決めた。

先発の鍬原は6回途中4失点(自責3)。失点は多かったものの味方の援護にも助けられ、3戦目にしてプロ初勝利を挙げた。今日は2四球だったが、四球を失点につなげなかったのが良かったんじゃないかと思う。そして今日もイニングを上回る奪三振を記録。この奪三振能力は本物だろう。今後は、これからもローテーションを守れるようなピッチングを見せてほしい。初勝利おめでとう。

打線は小刻みな得点で鍬原を援護した。坂本と岡本で5打点。今日の結果により、岡本は打率1位、ホームラン5位、打点3位に、坂本は打率2位、打点2位となった。坂本は期待通りだが、岡本がまさかここまで打率も高いとは、開幕前には予想できなかった。このままシーズンの最後まで突っ走ってほしい。

これで2カード連続の勝ち越しとなり、交流戦ここまでの通算は7勝8敗に。交流戦5割以上に期待を残した。最後のロッテ戦が2勝1敗なら5割、2勝1分け以上ならば勝ち越しとなる。ロッテ戦は苦手としているが、なんとか勝ち越して終わりたい。

明日の先発は巨人が菅野、ロッテが涌井。菅野は前回、西武相手にまさかの5回5失点で負け投手となった。3連戦勝ち越しのためには初戦は非常に大事なので、菅野にはエースとしての働きを期待したい。対する涌井は今季11試合に先発して4勝4敗、防御率4.09。菅野がしっかり抑えると信じているが、早いイニングで3点くらい取って楽に投げさせたいところ。

posted by K at 23:34 | Comment(0) | 巨人2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: